こんにちは。

ブログ担当のウブカタジャパンです。

前回に続き、今回はカントクこと、鈴木健二選手にライダーインタビューです。

健二さんと言えば、JEC、クロスカントリーでも何度もチャンピオンを獲得した

ライダーでもありますし、何より実際にお会いした事があれば、

その人柄にまず惹かれてしまいますよね。

そんな健二さんにお話をお伺いしてきました!

KIMG3286

あれ?JECの時じゃないけど、気にしない・・・

今年は、JECでも、このセローが大暴れするかな?

さて・・・

ウブJ:健二さんも裕太郎さん同様にクロスカントリーもオンタイムもレース参戦を続けていますが、

健二さんの考えるオンタイムレースの魅力とは何ですか?

健二さん:やっぱり移動区間(ルート)は攻めなくて良い分、楽なんだけど、

一発勝負のタイムアタックの緊張感があるところかな。

ウブJ:裕太郎さんも緊張感が良いって言ってました。同じなんですねー。

 

健二さん:やっぱりタイムを刻んでいかないといけない。

最近は忠(ただし、釘村選手)しかいないけど(ライバルがっ!)、

コンマ何秒なんていうタイム差でバトルしたり、

広島ではなかったけど、すぐに他の人のテストタイムも分かったりするので、

お互いに燃えてくるよね。

 

ウブJ:なるほどー、という事は、健二さんもパドックとかで他のライダーの

タイムを聞いたりしてるんですか?

健二さん:そうだね。でも、広島は無かったから分からなかったけど。

タイムが出てない(負けてる)場合は、プッシュするしね。

 

ウブJ:例えば、クロスカントリーで特に前半などでライバルとバトルしてる時と、

オンタイムでのテストのプッシュとは違うんですか?

健二さん:あ~!もう全然違う。

クロスカントリーの場合は、接近してる相手以外にもライバルがいるし、

マージンは取って走ってます。やはり連続して走り続ける分長いから、考えて走るしね。

JECでのタイムアタックを100%で攻めてるとすると、

クロスカントリーは70~80%ぐらいの感じかな。

 

ウブJ:JECで上位を目指すライダーにレベルアップを図る為に

やった方が良い練習とかアドバイスはありますか?

健二さん:そうですねー、やっぱり必ずタイムを測る事ですね。1周の。

どういうコースでも良くて、1周3分とか5分とかのコースをインターバルで。

モトクロスなんかも同じでインターバルで繰り返す。

やっぱり攻めれば、攻める程、タイムも刻んでくるし、ミスもする。

攻めて走らないと、攻めてる最中のミスもできない。

攻めて走る中でミスをしないようになるのは、慣れるしかない。

攻めてる時の緊張感なんかも慣れですね。

そういうのを常日ごろからやってると、だいぶ良いんじゃないかな。

練習100%、レース80%。

残りの20%を攻めれるように練習をする。

 

ウブJ:なるほど~。自分ごとですが、一昨年ぐらいからですが、

IBになりたくて、今おっしゃっていたようなタイムを測る練習もしてましたが、

良かったという事でしょうか。

30分走って、タイムアタック、また30分走って、タイムアタックとか、

ルート、テスト、ルート、テストのつもりでやってました。

健二さん:すごく良いね!あとは、それを10回ぐらいやらないとね。

ウブJ:10回ですか?2セットぐらいしかしてませんでした・・・

健二さん:うーん、最低でも5回ぐらいやらないと。

それと、連続してやるより、1回ずつ1分でも2分でも良いから、

呼吸を整えてから繰り返す方が良いよ。

連続してやると、ミスも増えるし、ダラけてしまうから。

(疲れた状態で走るより、しっかり攻める事を繰り返す事が大事という事みたい)

 

ウブJ:話題が変わりますが、先日の広島もそうでしたが、

最近はタイム設定が周回で短くなったりしています。

正直、自分レベルだと、かなりギリギリで設定としては絶妙かとも思ったんですけど、

タイム設定が変則なのは、どうお考えですか?

健二さん:あれ、余計。うん、意味ない!やらない方が良いと思う。

 

ウブJ:マシンのセットアップについて教えてください。

今年はオンタイムとクロスカントリーでマシンを使い分けてるみたいなので、

そもそも違うかもしれませんけど、変更してるポイントなどありますか?

健二さん:サスを硬くしますね。

テストメインで、かなり攻めていきますからね。

ルートが多少走りづらくても、テスト優先です。

クロスカントリーの場合は、長時間走り続ける分、疲れにくいセットにしています。

 

ウブJ:健二さんは、JECだと、どのラウンド(大会)が好きですか?

健二さん:SUGOかな。

ウブJ:SUGOですか。聞いておいて何ですが、日高かと思ってましたが、

SUGOが好きな理由は?

健二さん:SUGOはちょうど良い時間で回ってこれる(タイム設定が良い)のと、

路面というか、土質が好きだったりします。

エクストリームテストとか、ファイナルクロスとか、万遍なく何でもあるところかな。

他の大会だと、クロステストとかエンデューロテストとかあるけど、

曖昧な感じだよね。その点SUGOの場合は、

エンデューロテスト、エクストリームテスト、クロステストと

しっかり構成されてるし。

 

ウブJ:ファイナルクロスとかは、ある大会とない大会がありますけど、

どうですか?

健二さん:どちらでも良いけど、観てる人からすると、

盛り上がるから、ある方が良いかな。日高とかも盛り上がるしね。

 

ウブJ:セローでレース参戦もされるようですが、

日高もセローですか?

健二さん:日高もセローで出場予定ですよ。

忠(釘村選手)は、CRF250Lで出ろっ!って言ってるんだけどね。

それかアフリカツインで。

 

ウブJ:な、なるほど~。

長くなってしまいましたが、本日は突然お話をお聞かせいただき、

ありがとうございました!

 

と、こんな感じで聞いてみました。

途中では、自分個人の相談みたいな話にもなってしまっていたのですが、

いかがでしたでしょうか?

まぁー、自分の練習量が足りない!というのが分かりました~。

本番のレースより短い練習では足りないのは、頭では分かってる(つもり)んですけどねー。

 

次は、誰にお話をお聞きしようかな?

今回はトップライダーなお二人にお聞きしていますが、

有名ライダーな方は、雑誌なんかでも紹介されてますからね。

もっと一般の、と言ったら変ですけど、ナショナルクラスのライダーだったり、

承認クラスのライダーにもお話聞けると良いなぁーと思っています。

いきなり自分がインタビューにお邪魔した時には、

宜しくお願いしますね。

次はアナタかも?

 

おしまい。