こんにちは。

ブログ担当のウブカタジャパンです。

いよいよ今週末と直前になりましたね。

今年の日高ツーデイズエンデューロ。

少し前の台風の影響などで開催自体が危ぶまれておりましたが、

日高モーターサイクリストのメンバーをはじめ、関係各所の方々の開催に向けての

継続的な活動により開催いただけるので、

参加される皆様は、シッカリ準備を行い、最大限楽しみましょうね!

上記の台風の影響などにより、当初予定されていたコースから一部変更があったりと、

参加者の皆様のお手元にすでに受理書などが届いていると思いますが、

コースマップなど随時WEB上で発表されている事もあります。

このブログのJECプロモーションのホームページ(こちら)と、

日高モーターサイクリストクラブのホームページ(こちら)の最新情報は、

なるべくチェックをお願いします。

それからFACEBOOK(フェイスブック)上の両ページも合わせて、いいね!を押して、

最新の情報をチェックしましょう!(フェイスブックやっていない方は、すみません。)

JECプロモーションフェイスブックページ(こちら

H.T.D.E.フェイスブックページ(こちら

さて・・・

まずは、台風の影響で北海道内の一部道路には通行止めもあるようですが、

フェリーや飛行機等で北海道に遠征に行かれる方には、現在のところ影響はないようですので、

ご安心ください。

ただ、ここの近年の不安定な天候という事もあり、

心配な方は、事前にこちらの道路状況をチェックしてみてくださいね。

 

また、参加者の皆様のお手元には、受理書と合わせて開催要項・大会特別規則の

書類も届いていると思います。

こちらは熟読しておきましょう!もう読んでると思いますけど。

マシンの方の準備については、もうこの段階ですからバッチリだという事にして、

お忘れ物無きように、とちょっと忘れちゃいそうな物のピックアップなどしておきます。

 

・MFJライセンス/運転免許証/自賠責保険証書車両登録証健康保険証(コピー可)

特に今回は、公道を使用する競技ですから、皆さん車体へのナンバープレートの

装着には気を使われるかもしれませんが、肝心の書類関係も受付で確認が必要ですからね。

それと今年から健康保険証も確認しています。

もちろん、使う事が無いのが一番ですけどね。

 

・環境保護マット

クローズドコースで行われてきた、これまでの大会では、環境保護マットは、

全日本クラスのみ義務付けされていますが、

今回日高では、全クラスが使用を義務付けされています。

詳細は、受理書に同封の大会特別規則の2をチェックしましょう!

 

・消火器

これも特別規則の9となりますが、参加チーム、グループ毎ないし、パドックとなる

テントに最低1個の消火器が必要とありますよ。

 

・MFJ公認ヘルメット

初参加の方がいるかもしれないのと、過去に何回か見てきていますが、

MFJ傘下のレースですから、MFJ公認シールのあるヘルメットをご用意くださいね。

(今回海外選手が参戦するにあたってFIM規定に準ずるようですが、

国内の選手は国内ルールに従うという事で。一部異論もあるかもしれませんけど、

スルーしましょう)

 

・キャメルバッグや携帯工具、携行食など

これも今更・・・って感かもしれませんけど、

日高MCのページにも記載がありましたが(こちら)、今年もルートが長く、

コンディション次第ではタフなレースが容易に想像できます。

本州に比べれば、すで涼しいかもしれませんが、それでも熱中症やマシントラブルに

泣かされる事もあると思います。

そんな困難も無理は禁物ですが、乗り越えられる準備をシッカリしておきましょう!

 

気になったのは、それぐらいでしょうか。

忘れ物、こんな事を書いていて、自分が忘れていたら、笑ってやってください。

 

あとは、少々ですが、ルールについて。

今回の大会から、もしくは今年から、いくつか新しい規則も大会特別に

記載がありましたね。

個人的というのもありましたが、問い合わせをして確認してみました。

難しく考える必要はありません。

ただただ、自分が少しマニアックなだけかもしれませんので。

※以下の質問の内容の中での正式通知などは、

 近日中に日高モーターサイクリストクラブホームページ上で

 発表されるようなので、チェックしてくださいね。

——————–

大会特別規則8について

ナンバープレートの外周で怪我等を防ぐ為に、テープなどで保護をする事を

強く推奨する。これは、安全確保の観点から可能な限りやりましょう!

次が新しい項目です。

ファイナルクロスに出走する車両はスタートラインに着くまでに

ナンバープレートを取り外していなければならない。

ほほう、つまり二日目のルート走行終了後にプレフィニッシュ後のワークタイムで、

ナンバーを外す必要がある。という事ですね。

そこで、ナンバーの固定方法は、皆さん頭を悩ませる部分ですよね。

と、いう事で以下のような文面で質問してみました。

——————–

質問1

大会特別規則8
ファイナルクロス前にナンバープレートを外さなければならない
 ナンバープレートのみ外すのでしょうか?
車両の準備にあたり、ナンバー灯やウインカーの固定方法などを
考えるにあたって、ナンバープレートのみとなると、
そのように固定方法を考えないといけません。
例えば、テールランプからゴッソリ外した状態でもOKという事でしょうか?
ファイナルクロス終了後は、トランスポンダーが外され、
車両保管が解除とありましたから、終了車検は無いと思われますが、
ファイナルクロス前に入れるパルクフェルメ入庫時は、
保安部品チェックは無いという事で宜しいのでしょうか?
——————–
上記に対する回答は以下の通りでした。
回答
いわゆるリアフェンダーの下に、ナンバープレートホルダーが
ついているのが一般的で、そこにテールランプやウインカー等が
ついていることも多いことを承知しています。
こうした場合に、2日目のルート走行を終えてパルクフェルメに入れる前に、
ナンバープレートを外す時に、これらを同時に外すのは問題ありまぜん。
2日目のルート走行終了時に、パルクフェルメに入る前に最終車検が行われますが、
この車検で行われるのは、
交換できないパーツのマーキングの点検と、
全体として危険な車両ではないことが主です。
ファイナルクロスは閉鎖された場所で行われるため、
この時点で保安部品の点検は行いません。
ただし、大会期間中、危険な車両(エンデューロ規則13-1-7)が

走行しないようにするのは、主催者としてのつとめですから、

ルート走行中は、保安部品の欠落がないように
充分注意をしていただけるようお願いします。
 ——————–
回答 : ファイナルクロス前に入れるパルクフェルメ入庫時は、
保安部品チェックはありません。
——————–
なるほど~。
そういう事ですね。ルート走行中は十分に注意が必要ですが、
ファイナルクロス前のパルクフェルメ入庫時には保安部品チェックはない
との事でした。これは色々な意味あいが含まれますが、
文面の通りと解釈します。
ただし、1日目の終了時点でパルクフェルメに入れる際には、
もちろん翌日2日目も公道走る訳ですから、
保安部品はシッカリしていなければなりませんよ!
——————–
続いては、特別規則12のリスタートについて。
競技第1日目をリタイヤした選手は競技規則8の規定に従って、
リスタートすることができる。
と、あります。競技規則8というのは、今回ここで書いている特別規則ではなく、
基本となるエンデューロ競技規則(MFJのページ見れます。こちら)と(こちら)の事です。
長くなってしまうので、超簡単に書きますが、
当初のゴール時間の60分以内に再車検を受ける事、とあるのですが、
これでは、ギリギリタイムアウトしてしまうような場合に、間に合いません。
なので、以下のように質問してみました。
 ——————–
質問2
大会特別規則12
リスタートの件
エンデューロ競技規則8の再スタートを確認しましたが、
当初のフィニッシュ時刻から60以内に再車検とありましたが、
遅着をしてしまっている場合は、不可能だと思います。
その場合の再スタートにおける車検は、
二日目朝となるのでしょうか?
今まで気にしていなかったので、認識不足で申し訳ありませんが、
教えてください。
——————–
回答
「120分以内」という特別規則があったのですが、
いつしか落ちてしまっていました。改めて告知します。
※補足ですが、上記は全日本クラスの場合です。
 承認クラスについては、このことを考慮して当日までに
「リスタートのための再車検を受けられる時間」を公式通知として発表します。
——————–
なるほど~。
そうですよね。60分以内だと厳しいと思ったのですが、
基本は120分以内との事です。
また、承認クラスについては、なるべく競技を続行して欲しいという事で、
別途公式通知が出るとの事です。
——————–
次は、今回から新たに承認クラスのリザルト発行について。
少し前に日高MCのホームページで掲載されていて(こちら)、
(詳細は、上記のこちらを見てから、下記内容を確認ください。)
承認クラスは、二日間を通しての競技(全日本は1日目、二日目と独立リザルト)で、
1日目をリタイヤした場合にはリザルトが残りませんでした。
それを考慮して、今年からリタイヤした場合に、フルペナルティーを付与して、
リザルトを発行するとありました。
詳細が分からなかったので、以下のように確認しました。
——————–
質問3
今回から承認クラスのタイムオーバー等での失格による
フルペナルティーをつける事によってリザルトが出る仕組みに
なったようですが、昨年は急な対応だったのかもしれませんが、
要はファイナルクロスまで走りたい人は、1日目が失格でも
走れます。という理解でよろしいでしょうか?
また、フルペナルティーの詳細は出ていませんでしたが、
例えば、1周は出来たけど、2周目でタイムオーバーになった
(テストは2周目に計測している)と、
1周目が終わった時点でタイムオーバー、もしくはリタイヤした
(テストの計測が1本ない)のライダーは、
リザルト上で差がつくのでしょうか?
フルペナルティーの場合は、みなしタイムで同着扱いとなるのですか?
まだ詳細が決まってなければ、そういう回答でも全然構いません。
——————–
以下、回答
これは、その日に失格またはタイムオーバーした場合には、

3時間なりの一定のタイムペナルティが与えられるという意味です。

例えば、1日目を完走したが、2日目に失格したという場合

1日目 合計タイム 1時間24分11秒12
2日目 タイムオーバー 3時間00分00秒00
2日間総合 4時間24分11秒12

となります。

2日間ともタイムオーバーまたは失格だった場合は
1日目 合計タイム 3時間00分00秒00
2日目 タイムオーバー 3時間00分00秒00
2日間総合 6時間00分00秒00

フルペナルティは1日あたりの「みなしタイム」で、失格またはタイムオーバー
の選手は、各日においては同着となります。

——————–

※補足ですが、3時間のなりの一定のタイムペナルティー、というのは、

正式な時間が決まっている訳ではありません。

要は、タイムアウトにならずに完走した人の方が、

確実にリザルトが上にいく、という事です。

また、みなしタイムとして計上されますから、

説明にあるように、1周目、もしくは2周目にリタイヤした場合、

同着扱いになるという事です。

二日目の成績によって、総合リザルトが変動する事を意味します。

——————–

なるほど~。

納得であります。
ペナルティーのつく条件によっては、無理をしないで、
途中リタイヤなんて選択肢の方が、リザルトが上がるのかな?と
いう憶測もありましたが、リタイヤ者は基本同着扱いとなるようです。
場合によっては、コース上のトラブルなどにより、
救済措置なども入る事もありますから、
基本は、諦めずに無理をしない範囲でチャレンジし続ける事が、
大事だと思いますよ!
ファイナルクロスに関しては、去年も救済で初日リタイヤでも、
走る事が出来ようになりましたが、
初日にリタイヤしてもペナルティーはつきますが、リザルトは出ると
いう事で、二日目のファイナルクロス前のパルクフェルメに
車両を入れる事ができれば、ファイナルクロスに出走が同様に
出来るという事でしょうね。タブン。
特別規則に記載がありませんでしたけど、
おそらく説明があるのでは?と思っています。
——————–
と、そんな感じで疑問に思った事をぶつけてみました。
ルールや規則が分かりづらい!なんて声をよく耳にしますが、
知っているのと知らないでは、完走できるかどうか?なんて瀬戸際には
大きく影響する事もあります。
完走して初めて得られる達成感や充実感を、ぜひ味わっていただきたいと
思っております。
その為には、多少面倒でも、理解するように務めましょう!
——————–」
いやー、今回は大変長くなってしまいましたね。
最後まで読んでくれる人は少ないかもしれませんけど、
ご参考まで。
——————–
木曜日辺りから現地に向けて出発という方が多いと思います。
すでに お仕事が手につかない、ドキドキ、ワクワクな気持ちが
抑えれない。楽しいですねー。
まずは、忘れ物ないように、体調管理もバッチリにして、
現地に向かいましょう!
それでは、現地でお会いしましょう。
——————–
おしまい。
Tagged with: