気温が低いと言われていた日高2デイズエンデューロ、蓋をあけてみれば秋晴れの心地よいエンデューロ日和に。ここまで爽快なオープニングも近年なかったのではないか、と思えるほど。雨の影響もなく、路面は適度にウェットな状態。設定タイムはBが採用された。

IAクラス 安定感と、強さが前橋の圧勝を支えた

釘村忠、田中教世、石戸谷蓮、と多くのトップライダーが出場を棄権。セロー250で戦う鈴木健二は、「この天気では、セローの良さは出てこない。今回は勝てないですよ」と言うところ、1つめのテスト2コーナー目でスリップダウンして11番タイムと、王者が崩れ去っていくDAY1。鈴木へとどめを指したのは2つめのエンデューロテストで、スピードの出やすいスネークを駆け抜けた先で崖に落ちてしまう失態。残念ながら、復帰したもののタイムオーバーになってしまった。

残るトップ陣だが、2018年のISDEワールドトロフィーでリーダー的存在である太田幸仁も、実は9針を縫う指の怪我をおしての参戦。昨年総合優勝を決めた前橋孝洋が、万全の体制でプッシュを続ける。「段々と調子を取り戻すことができたので、タイムをつめていける結果に。最初心配だった割には、ミスなく1日を終えることができました。三島テストも怖かったですが、しっかりこなせましたね。川に深いところがあったので、明日も気をつけたいと思う」と前橋。いなすことが難しいセクションが続く貯木のクロステストでは、特にショートしてつぶれがちなサスペンションを加速につなげるシーンが多く見られ、タイムも圧倒。安定感と強さを備えたDAY1の前橋に死角はなかったようだ。2位とは、1分27秒もの差をつけて圧勝。

2位争いは太田と内山裕太郎。めまぐるしく積算タイムによる順位を入れ替えながら、僅差で熱戦が続いていたものの、最後のテストで見事に太田が再逆転。「特に、貯木のテストや三島は、指の怪我でおさえが効かず、攻めあぐねましたね…。夏にしっかり乗り込めたので、体もよく動いていましたし、惜しい。ただ、この状況でこの成績なので、まぁ、まとまったかなと思っています。ISDEのいい練習になったなと」と太田はコメント。内山は「悔しいですね。タイムに差が無かったのでいけるかなと思ってたんですが。一昨年はここで総合優勝できていたんですが。明日、しっかり巻き返したいです。ルートは、雨降ったらみんな上れないんじゃ無いかな…ってくらいの走りごたえのあるもので、面白かったですよ」とのこと。

IB 齋藤祐太朗、IAでも2位のタイムながら悔しさを滲ませる

IBクラスは、今年クラスを席巻している齋藤祐太朗がDAY1をまさに圧倒。IAクラスでも2位の積算タイムだが「まだ前橋君とは差がありますね…。悔しい。西山林道のテスト、めちゃくちゃ頑張ったんですが、それでも10秒は前橋君が速い。ちょっと怖い域まで飛ばさないと、あのタイムは出ない…」と齋藤。5歳ほど前橋よりも年上の齋藤は、一時期エンデューロから離れていたもののBetaと今年は契約して活躍を続けている。「今年の目標がIBタイトルなので、無理はせず明日も走りたいと思ってます」とのこと。

若手IBの保坂修一、飯塚翼の2名が2-3位。激しくライバル意識を燃やす二人の戦いは、まずは保坂に軍配が上がった。彼らもIAクラスで通用するタイムを出している。

ウィメンズ 昨年に引き続きレクシィが快走

カナダからゲスト参戦しているライダー、レクシィ・ピショーは昨年も圧倒的な実力で日高を楽しんでいたが、今年もしっかり走りきった模様。テスト積算タイム2位の増田まみ(※公式リザルトでは、ペナルティをふくめて高見智代が2位の結果でした。当記事掲出当初、積算タイムのみで増田まみを2位と表記いたしました、関係者およびご本人・ご覧いただいている方々にお詫び申し上げます)に、3分もの大差をつけてゴール。「ウッズに、ロック、すごく楽しかった。フローリーなルートが気持ちよかったです。日本で再び走れて、ホントにうれしい。また明日、よろしくね!」とレクシィ。