こんにちは。

ブログ担当のウブカタジャパンです。

いよいよ、今日11月12日から、年に一度のISDEが南米のチリで始まります。

ISDEは、Inter National Sixdays Enduroの頭文字で、

文字通り6日間のエンデューロ世界大会といったところ。

シリーズ戦で行われるGPとは別に、

国別対抗で競い合うチーム戦となっています。

代表ではなくても、個人参加(クラブチームなど)も可能な大会だったりします。

昨年はフランスで開催でしたが、今年は南米開催で開催国はチリですね。

日本からも昨年に続き、代表チームとして4名の選手が参加しています。

残念ながら、今大会は1名が負傷によりDNSとなり、3名で戦います。

さて・・・

代表選手って、どうやって選ばれているのか?

もちろんご存知の方も多いとは思いますが、

JEC(全日本エンデューロ選手権)の上位者が選ばれています。

前年度のランキング順から、ISDEに参加可能な方が招集される形ですね。

6日間のレースで、その前後も含めると2週間ぐらいは、

お休みも必要になるので、そういう条件もクリアしないといけない訳ですね。

そんな前置きは、どうでも良いですが、

今年は選ばれた4名が今日から6日間の戦いを始めます。

フェイスブックで代表チームの状況がアップされています。

こちら。

フェイスブックやってる方は、ぜひチェックしてみてください。

また、ISDEのオフィシャルサイドでは、

毎日のリザルトも掲載されていきます。

こちら。

時差があるので、まだ何もアップされてませんが、

今日の夜か、明日からはチェック可能になるでしょう。

今は、こういうリアルタイムで観戦とまではいきませんが、

状況を見ながら応援も可能ので、お時間ある時にチェックして盛り上がりましょう!

以前は、6名が1チームで、ベストリザルト方式というのか、

その内の上位5名のリザルトで国別対抗チーム戦を競っていましたが、

現在は4名1チームとなり、その合計タイムで競っています。

なので、リタイヤなどで選手が欠けてしまうと、

ペナルティーだったかな?がついてしまうので、

なかなかに厳しい戦いとなります。

しかし、個人賞みたいな物もあって、

全体のライダーの中の1位のライダーのタイムを基準に、

その110%までが、ゴールドメダル。

何パーセントまでか忘れてしまいましたが、次がシルバーメダル。

完走をすれば、ブロンズメダル。

なんて具合に分類されます。

過去にも日本代表チームが参戦していますが、

いまだゴールドメダルを獲得した日本人ライダーがいないのが現状です。

とても難しく、ハードルが高いのが現状ですが、

ぜひ、頑張ってもらいたいですね。

 

ISDEの話題は、このぐらいで、

間もなく開催のSUGO2DAYSの事なども少し。

すでに、エントリーが締め切ら、コースマップもお披露目されましたね。

エントリーリストは、こちら。

コースマップは、こちら。

な、なんとエントリー期間が延長になったからか、

ファイナルクロスが開催される事になったからか、

IAクラスのリストに気になる名前がっ!

そう、渡辺学選手ですね。

先日も最終戦のJNCCで逆転チャンピオンを決めましたね。

クロスカントリーでの最強の称号を掲げ、

久しぶりにJECに参戦です。

過去にもJECには参戦しているのですが、

IAクラスに昇格してからは、初めてかな?

最終戦のみですから、チャンピオン争いとは無縁となりますが、

どう考えても上位に食い込んで来る事間違いなし。

その走りに注目です。

先日、雑誌のインプレッションでお会いした際に、

JECも出てくださいよ~!

なんてお話をしてたんですが、本当に出てくれるとは、嬉しいですね。

まぁ、関係ないだろうけど。

ただ・・・

現在は、スタート順がランキング順での出走になりますね。

おそらくIAクラスの最後尾の組として走る事になるでしょう。

IAクラスとはいえ、おそらくテスト内で前走者に追いつく可能性が非常に高く、

その辺が、どれぐらいタイムに影響をするのか・・・

チャンピオン争いを繰り広げる、

釘村選手や健二選手は、接近したタイムでテストを走りますから、

お互いに別のクラスをラップする時以外は、

コースクリアな状態、前走者を抜くという事は無いはずですからね。

今回、健二選手はマシンがYZ450FXとなっていましたね。

新型のYZ450FXでのJEC参戦は初かな?

そして、結果的に開催される事になったファイナルクロスでの

走りが今から楽しみですね。

ファイナルクロスといえば、

IAのリストに横澤拓夢選手の名も。

一昨年になりますが、横澤選手はSUGOでDAY2に1位を獲得してますからね。

懐かしいですが、一昨年のSUGOは、

引退したばかりの熱田選手や小方誠選手、沼田選手など、

MXライダーが多数参戦した時に、ファイナルクロスも制してます。

楽しみですねー。

一昨年のSUGOの様子がコレ。

マディーだったな。

今年は晴れますように。

 

その他、昨年の様子は、以前のブログなどでチェックできますよ。

ご参考まで。

2017年SUGO DAY1

2017年SUGO DAY2

画質悪いけど、走行動画もあります。

コースマップが出たと先に書いてありますが、

今回エンデューロテストがいつもの所と違いますね。

通称キャン場エリアと呼ばれる辺りがエンデューロテストになるみたい。

どう違うんでしょうね。

コースも楽しみです。

 

楽しみ!といえば、

SUGOの翌週となる12月2日に、

千葉県の成田MXパークにて、最新モデルの大試乗会が行われます。

現在もエントリー募集中ですよ。

自分のマシンでに走行も可能ですし、

お昼にはエキシビジョンレースも開催されます。

まだ間に合う2019年モデルをチェックする良い機会です。

さらに、前日1日の土曜日には好評のMuc-offエンデューロアカデミーも開催されます。

定員になり次第エントリーは締切となりますから、

気になる方は、ぜひ~。

詳しい内容は、こちらから。

 

以上でした。

おしまい。

 

 

 

 

 

 

 

Tagged with: