こんにちは。

ブログ担当のウブカタジャパンです。

前回に続き、今回もスポンサー紹介のコーナー。

今回は、エルフと同様に今年からJECのスポンサーとして

新たに加わっていただいたMAXXISのご紹介。

正確には日本において輸入販売を行っている

マキシス インターナショナル ジャパンとなります。

さて・・・

MAXXIS(以下、マキシス)タイヤの販売を行う会社ですね。

マキシスといえば、エンデューロな皆さんは良く目にしていると思いますが、

エンデューロ世界選手権の冠スポンサーでもありますね。

動画で必ずロゴを目にしているはずです~。

 

 

どうしても日本では、車両と同様ですが、日本メーカーでメジャーブランドがありますから、

海外ブランドは名前は知ってるけど・・・という感じになりますね。

海外、特にアメリカのダートバイクシーンでは、

かなりのシェアを占めるブランドとして有名のようです。

 

 

 

 

 

 

 

こちらのマキシスも先日ご担当者の方とお話をする機会がありました。

実際の物量としては四輪のタイヤもやっていますから、

そちらがメインとなる訳ですが、

その中でも4駆のジムニーなどで我々と同じように

趣味や遊び、競技といった使い方をする方たちには絶大な支持があるとの事。

また、これも日本だと珍しい部類に入ってしまいますが、

ATV(4輪バギー)については国内だとワンメイクと言っても過言ではないみたいです。

GNCCなんかでもバイクと一緒にATVのレースも

相当な人気があるようですからね。

カタログなんかも見せていただいたのですが、

表紙がATVでしたね。

通常タイヤメーカーだとロードバイクがメインになるんでしょうけど、

ATVから始まり、ダートバイク用、ロードモデル用、スクーター用

といった順番で製品が掲載されているぐらいですから、

ダートへの力の入れようが半端ない感じが伝わってきますね。

イメージPVかな?

モトクロス系のタイヤはもちろんですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JECでFIM規格のタイヤ規制がある場合に適合した

MAXXCROSS ENシリーズというFIM規格のタイヤも

もちろん用意がありますね。

ダートバイク用のタイヤは今後日本国内でも力を入れてプッシュしていくようですから、

インプレッションやレース会場でも目にする機会が増えると思います。

気になった方は、ぜひチェックしてくださいね。

マキシス インターナショナル ジャパン(http://www.maxxis.co.jp/purpose/mc/)

※四輪用が多いので、2輪のサイトにしています。

 

以上、マキシスのご紹介でした。

続く。と思う。

Tagged with: