jec-logo
cemtral_logo

全日本エンデューロ選手権第2戦・中日本エリア戦第2戦終了時点の暫定ランキングです。
全日本クラス暫定ランキング>>>>(MFJ発表)
承認クラス暫定ランキング>>>>(JECプロモーション発表)
中日本エリア戦暫定ランキング>>>>(JECプロモーション発表)

 

jec-logo

大会の公式リザルトは下記URLからご覧ください。
暫定ランキングは後ほどアップいたします。

公式リザルトはこちら>>>>

 

 全日本選手権ウィメンズクラスと承認クラスが併催される午前中には天候がもったものの、昼前には大粒の雨が降り注いだ当日。水はけのいいプラザ阪下とは言え、コンディションは悪化。特に、ピリ辛の設定にしたというルートでは、一部激下りを2周目にカット。テストもヒルクライムをカットせざるを得なくなり、1周分がキャンセルになるなど、荒れ模様となったJEC第2戦。

_Q6T2329

_Q6T2511

_Q6T4221

_Q6T4520

_Q6T2371

IAクラス

 トップ争いは下馬評通り、鈴木健二と釘村忠に絞り込まれたが、広島に続いて鈴木健二が快勝という結果。1番時計を譲ったのは、たった13回中2回のテスト。ファイナルクロスも、しっかり魅せた走りで釘村にさえ3分もの差をもって優勝の結果。釘村は大きなクラッシュを含めてミスが目立ち、ファイナルクロスでもスタートで出遅れて挽回ならず、2位の結果となった。
 順位争いで盛り上がったのは、3番手争いだった。師匠たる釘村を2度うわまわるテストタイムを出し、今季最高の仕上がりをみせる前橋孝洋が序盤3番手を独走。途中大きなミスをしつつもIAルーキーながら、初の表彰台がみえていたが、6周目に前走者を避けきれずに痛恨のミス。スタックしてしまい、1分以上のロスタイム。やはりIAルーキーの熊本悠太が、そつなくタイムをまとめ、さらに後半調子をあげて3番手へ浮上。ファイナルクロスでも5位に入り、みごと初の表彰台3位をゲットした。

_Q6T4338
_Q6T4001

鈴木健二
「タダシのミスが目立ったレースでしたね。JECで乗っているYZ250Xとも、すごく相性がいいですし、今回は勝たせてもらいましたよ。
 最近は熊本とか、前橋とか若い人間にも勢いがあるので、すごく期待しているところです。
 次戦日高はセロー250で参戦します。タダシがCRF250Lで出るので、若い人間にとってもチャンスでしょう」

_Q6T2915

釘村忠
「毎年毎年、ここではよくミスしてますね…。タイヤ選択から間違っていたかな、と。今回ミディアムハードを選んだのですが、ずっと迷ってて。全体的に大きい転倒が多かったですし、調子はよかったんですが、次につなげられるレースにはできなかったかなと思っています。マシンは、仕上がってきたので、最終戦まで勝って行ければいいなと。
 日高ではなんとか勝ちにいかなくてはいけないので、バイクの作り方もしっかり作戦を練ろうかとおもっています」

_Q6T3471

熊本悠太
「こんなに早く結果を出せるとは思えなかったので、うれしいです。Betaもよく走ってくれましたし、IRCのタイヤもすごくよかったですね。この調子で、次も頑張りたいと思っています」

_Q6T4666

_Q6T4702

IBクラス

 IBでは、開幕戦で優勝した石戸谷蓮がここでも好調。この阪下に用意してきた250SX-Fとの相性もよかったが、ぴたりと沼田誠司がこのうしろにつけるツイントップの状況に。1番時計を奪い合うこの二人は、IAでも上位に食い込むスピードで他を圧倒。沼田は、特に後半で調子があがりはじめ、ミスが目立ち始める石戸谷を追い詰めていく。ファイナルクロスの前ではすでに1分以上のリードで沼田が石戸谷を突き放してIBを初優勝。昨年からモトクロスIAのみに許される特別昇格を狙っていた沼田だったが、このレースで昇格を確定。タイムも総合で3位に入るものであった。なお、石戸谷もタイムは総合で4位。熊本、前橋を上まわり、釘村・鈴木を見据えるスピードに今後の期待がかかるところだ。

_Q6T3699

_Q6T3955

沼田誠司
「去年のKX450Fから、今年はKX250Fに変えました。それに、バイクの作り方も去年戦ってみておぼえたことも多いです。モトクロスよりも、エンデューロでは、450のパワフルさが裏目にでやすくて、250のほうが成績を出しやすかったですね。
 いま、42歳ですがまだまだ成長するつもりです。健二さんたちと同レベルで走れることが目標なんで」

Nクラス

_Q6T3945
_Q6T4609
 ナショナルは中島章悟の圧勝。ここプラザ阪下で、かつてクロスオーバーライドを企画・催したレジェンドクロスカントリーライダー、池町佳生が数年ぶりにエンデューロの場に姿を現して2位に。広島の覇者である小田浩也は、3周目に大きくミスをして伸び悩んだ。

_Q6T4587

Wクラス

_Q6T2291
 午前中におこなわれたウィメンズは、コンディションのよかったこともあって「もう少し走りたかった」というライダーも続出するほど。6つのテスト中5つを近藤香織が1番時計で走り、2位石榑瑠花に30秒のリードを持って優勝。近藤は、発売されたばかりのYZ125Xと同等の仕様に、加えて3cmローダウンしたYZ125をライド。早速、その扱いやすさとポテンシャルを証明する結果となった。

_Q6T4575

 

 会場のプラザ阪下は、30度以上の真夏日となった大会前日。 
 例年、ログで組まれたスペシャルセクションが設けられるテストが近畿大会の特徴だが、今回はいつもにまして工夫をこらした縦丸太のプールや、ウォーターセクションなどが目立つ。見た目を派手に、しかし確実にテクニックでタイム差がでるレイアウトは大阪独特のディレクション。

 今回のテストは2カ所。プラザ阪下の上下に分かれたルートをとり、上はモトクロスコースベースのテスト。下が丸太セクションを含むもので構成されている。鈴木健二は「吉川和宏プロデュースらしいコース。差が付くのは、細かいところですかね。コーナーの出口にギャップがあったり、リズムにのってそういった部分でタイムを詰められるかどうかが課題になると思います。丸太セクションに関しては、難しくはないですし、ほとんどのライダーが飛んでいけるようなレベルですが、見応えはあるはず。例年にくらべて、スピードコースといえるかもしれませんね」とのこと。

ディレクションした吉川は「テストは7分と5分の2本で、ルートは短いです。IA/IBにはピリ辛のルートを用意しました。目玉は、本部から見えるエンデューロクロス風のテスト。特に、ファイナルクロスはいつもにまして見応えがありますよ」と言う。メインのタイヤジャンプは、外注を一切つかわずダンプ15杯分の土をいれた力作。アクションスポーツの作るJEC近畿大会もこれで3年目、進化してきておそらくこの大会が過去最高にみておもしろいものになるだろうとのこと。「集大成としての3年目を、ぜひみてほしい」と吉川。

 開幕戦は、鈴木がYZ250Xで着実にこなして優勝。今季からCRF450Rにスイッチした釘村が、この大阪にあわせてどこまでつめてこられているかがトップ争いのキーポイント。

 また、タイム設定で緩急をつける阪下スタイルと、暑さとの戦いとなることは、必至。なお、当日の天気予報は降水確率50%で少し強めに雨が降る可能性も。

 

jec-logo

近畿大会ご参加の皆さまへお知らせです。

これよりエンデューロコースの下見に行っていただいてオッケーです。(6月18日 11:35)
気温が高いので飲み物を持って行くなど、熱中症対策をして下見に行ってください。

 
2016JECPlazaSAKASHITA

コースマップを公開します。
当日会場で配布する大会プログラムにコースマップが掲載されていますが、一部変更になっていますのでご注意ください。

大会プログラムは無料です。
大会本部にてお配りしておりますので、観戦の方も是非お持ちください。

 

jec-logo

大会当日の出店情報です。

MOTY’S様:JECをずっと応援していただいているMOTY’S様が出店します。オイルについての疑問、質問がある方はご相談ください。
モーションプロ(株式会社ヤザワ)様:アメリカのツールメーカー「モーションプロ」様の出店です。実際に商品を手に取ってご覧ください。
BHS(高栄運輸)様:JECのレース参戦にバイク輸送のサービスをしていただいているBHS様です。
バイク、その他用品を現地まで運んでもらって、体一つで参戦ができ、現地ではレースのサポートもしてもらえます。
第3戦の日高ツーデイズエンデューロ、第4戦の菅生ツーデイズエンデューロのお申込みもお受けしております。
ちゃねスポーツ様:バイク用品を販売します。
シンコータイヤ様:タイヤの展示販売をします。
マルシン様:おいしいと評判のくらだシロップのマルシン様
マシンファクトリーフェアル様:ワンオフ・カスタムパーツ製作のフェアル様
LUCKY商会様:バイク用品を販売します。
ピッツァフリー様:おいしいピザをどうぞ。
癒し屋「うさ」様:お得な料金でマッサージを受けられます。お疲れの方は是非どうぞ。
DEPパイプスジャパン様:イギリスのDEPオフロードエキゾーストパイプやSHOTレースウェアの輸入代理店さんです。
GUTSシートカバー:AMAスーパークロスでも使われている「GUTS」のシートカバーを本部受付にて展示販売しております。

rider×JECコラボTシャツを本部受付にて販売しております。数量に限りがありますので、お早めにー!

是非お立ち寄りください!

 

jec-logo
「全日本エンデューロ選手権 第2戦 近畿大会」選手の皆様へ大会当日のご案内です。

<受付時間について>

大会前日土曜日も受付を行います。

6月18日土曜日の受付時間 15:30~17:00
6月19日日曜日の受付時間  6:00 ~ 7:00

車検は日曜日のみですので、土曜日に受付をしても車検は日曜日にお受けください。

<受付にお持ちいただくもの>
1.大会誓約書
(署名・捺印のうえ受付時にご提出ください)
2.参加受理書兼アンケート用紙
(アンケートにご協力お願いいたします。受付時にご提出ください)
3.車両仕様書
(必要事項をご記入のうえ、受付時にご提出ください)
4.AMSOILアワードステッカー引換券(4stマシンで参加の申込者のみに同封しています。受付時にご提出ください)
5.MFJライセンス
6.健康保険証(コピー可)今年より健康保険証の確認をさせていただきます。

<駐車料金について>
1日1000円の駐車料金が掛かります。
会場入り口事務所にてお支払いください。
早朝、夜間、事務所不在時に会場入りされた場合は、プラザ阪下の方が後ほど駐車料金の回収に伺います。

<パドックについて>
下のパドック図のPDFファイルをご覧ください。
パドック図>>>>
青い部分はメーカー系チームの指定パドックエリアです。
赤と黄色い部分はどなたでもパドックとしてご利用いただけます。
白い枠線を引いておきますのでライダー1名につき1区画をご使用ください。
先日ホームページでもご案内しておりますが、黄色く記したエリアをパドックとして使用される場合は他の場所に比べ少し距離があるので、パルクフェルメ/本部横のテント(図内黄色いテントの場所)を共有のパドックとしてご利用いただくことができます。
給油、整備、休憩等にご利用ください。

パドックが手狭な為、参加者同士譲り合ってお使いください。
ご協力お願いいたします。

<コースマップ>
コースマップは土曜日に朝にホームページにて公開いたします。
事前練習ができてしまい公平性を保てなくなる為、土曜日の朝に公開いたします。

<AMSOILアワードにお申込みされた方へ>
AMSOILアワードにお申込みいただいた方へは受理書と一緒にステッカー引換券をお送りしております。
受付の際にステッカー引換券と引き換えにAMSOILのロゴステッカーをお渡しいたします。
ステッカーは必ずフロントフェンダー左右2箇所へ貼ってください。
車検時に貼り位置についても確認いたします。
今回は4ストロークマシンが対象となります。
2ストロークマシンでご参加の方でお申込みをされた方がいらっしゃいましたが、対象外となりますので、引換券は同封しておりません。
誠に申し訳ありませんが2ストロークマシンでご参加の方は今回対象外となります。
次戦は2ストロークマシンが対象となりますので、次戦は是非お申込みください。

<ファイナルエンデューロクロスについて>
ファイナルエンデューロクロスはIA/IB混走で行われ、組み分けはタイムアタックの総合成績に基づいて3組に分けられます。
クラス分けについては当日公式掲示板に張り出しますので、ご確認お願いいたします。
大会特別規則書内でファイナルエンデューロクロスのスタート予定時間を15:30とご案内しておりますが、当日の状況により開始時間が変更になる可能性があります。予めご了承ください。

<ウェアラブルカメラの使用について>
車体にカメラを装着する場合は受付にてお申し出ください。
申請料は必要ありませんが、誓約書にご署名が必要です。
装備品(人体に着ける)に取り付けるウェアラブルカメラの使用は禁止されています。
また、申請をされた方は、カメラを装着した状態で車検をお受けください。

それでは、気を付けてお越しください。
当日はよろしくお願いいたいます!

 

jec-logo

観戦される皆様へお知らせいたします。

会場は河内長野駅から徒歩5分です。
会場へのアクセスは下のマップでご確認ください。

会場地図

観戦の方は入場料は無料です。
お車でご来場された方は会場入り口事務所にて駐車料金(1日1000円)をお支払いください。
駐車スペースについては事務所の支持に従って駐車してください。
バイクは駐車料金はかかりません。

ファイナルエンデューロクロスは実力のあるIBクラスのライダーがIAと混走で走りますので、いつも以上に盛り上がること間違い無しです!
是非会場でお楽しみください!
ファイナルエンデューロクロスの予定開始時間は15:30です。
この予定開始時間は当日の状況により変更になる場合もございます。予めご了承ください。

大会プログラムを大会本部にて無料で配布しております。是非お持ちください。

 

jec-logo
ファイナルエンデューロクロスついてのお知らせです。
ファイナルエンデューロクロスはIA/IB混走で行われ、組み分けはタイムアタックの総合成績に基づいて3組に分けられます。
クラス分けについては当日公式掲示板に張り出しますので、ご確認お願いいたします。

大会特別規則書内でファイナルエンデューロクロスのスタート予定時間を15:30とご案内しておりますが、当日の状況により開始時間が変更になる可能性があります。予めご了承ください。

 

Blucru
YAMAHAよりbLU cRUと称したヤマハYZシリーズのアマチュアオーナーのためのレース参戦サポートプログラムの発表がありました。
ヤマハ オフロード コンペティション正規取扱店にて、2014・2015・2016・2017年モデルの対象モデルを新車でご購入された方のみメンバー登録が可能です。
正規取扱店以外での購入や、中古車でご購入された場合は対象外となりますので、ご注意ください。
メンバー登録後に対象レースで3位までに入賞すると用品クーポンが贈呈されたり、6位までに入賞すればヤマハのWEBページに掲載される等、特典も盛り沢山です。
資格に該当される方はメンバー登録をお忘れなく!!

年式によって特典も異なりますので、詳しくはbLU cRUホームページでご確認ください。

bLU cRU詳細はこちらから>>>>
メンバー登録はこちらから>>>>詳細をご確認のうえ、登録に進んでください。

<登録資格>
bLU cRUは、ヤマハ オフロード コンペティション正規取扱店にて、2014・2015・2016・2017年モデルの対象モデルを新車でご購入された方のみご登録いただけます。メンバー特典には有効期限がありますが、各年式で異なるので詳しくはbLU cRUのサイトでご確認ください。
※正規取扱店以外での購入、中古車をご購入された方は対象外となります。
<対象レース>
エンデューロ地方選手権(北海道エンデューロ選手権、東日本エリア戦、中日本エリア戦、西日本エリア戦、九州エリア戦)
※全日本併催の大会も含まれます。
【重要】
※2016年7月1日以降に開催されたレースが対象となります。
※大会記録は自己申請となりますので、必ずマイページより申請してください。
※出走が5台以下の場合は、賞典不成立とします。
※出走が6台もしくは7台の場合は、1位のみ対象とします。
※申請していない車両で1〜3位を獲得しても、賞典の対象となりません。
※大会記録の申請期限は、メンバーの有効期限と同様です。
※用品クーポンは、ヤマハ オフロード コンペティションモデル正規取扱店のみで使用できます。
※用品クーポンは、事務局で公式結果を確認した後、登録時の住所に発送いたします。
<賞典>(用品クーポン)
1位:3万円 2位:2万円 3位:1万円
1〜3位に賞典、1〜6位はWEBページ掲載

 

先日もご紹介した雑誌riderJECとのコラボレーションTシャツを当日会場(本部受付)にて販売いたします。

今回会場で販売するのは半袖Tシャツのみです。
カラーはブラック(上の写真)と近畿大会限定カラー、レッドの2色です。
税込み価格3000円で販売します。

サイズと数量に限りがありますので、ぜひお早めに会場でお買い求めください!

もしお望みのサイズ、カラーが無くなってしまった場合は注文もお受けいたします。

 
SAKASHITA_PADDOCK

パドックについてのお知らせです。
図の青い部分はメーカー系チームの指定パドックになります。
赤と黄色い部分はどなたでもパドックとしてご利用いただけます。
黄色く記したエリアをパドックとして使用される場合は他の場所に比べ少し距離があるので、パルクフェルメ/本部横のテント(図内黄色いテントの場所)を共有のパドックとしてご利用いただくことができます。
給油、整備、休憩等にご利用ください。

 

jec-logo

大会前日の6月18日(土曜日)の走行についてお知らせいたします。
今回はテストトラック(試走コース)はありません。
モトクロスコースは通常営業しておりますので、走行料(2000円)と駐車料金(1日1台1000円)をお支払いいただければモトクロスコースの走行が可能です。
前日に走行したい方は是非ご利用ください。

6月18日(土曜日)走行時間 9:00~16:00
プラザ阪下ホームページ>>>>

 

jec-logo
【全日本エンデューロ選手権 第2戦 近畿大会】にご参加の皆さまへ受理書発送のお知らせです。

本日ご入金の確認が出来た皆様へ受理書を発送いたしました。
お手元に届きましたら内容をご確認ください。

※入金確認のできていない方、ライセンス番号の確認ができていない方については確認ができ次第、発送いたします。

同封物は

参加受理書兼アンケート用紙、
大会誓約書
車両仕様書
大会特別規則書
AMSオイルアワードステッカー引換券(4ストマシンで参加の申込者のみ)
アイロンプリント(今シーズンの全日本に初参加の方に同封いたしました。)
ステッカー(広島大会に出場された方に同封いたしました。)
以上です。

同封しましたアイロンプリント、ステッカーは、よろしければお使いください。

<AMSOILアワードについて>

今回のAMSOILアワードは4ストマシンで参加の方が対象となっております。
大変申し訳ありませんが、2ストマシンでご参加の方でお申込みをされていた方にはステッカー引換券は同封しておりません。
次回第3戦 日高2デイズエンデューロは2ストマシンが対象となりますので、次回に是非お申込みください。

参加受理書の下がお使いの用品についてのアンケートになっております。
大会運営にご協賛いただいている協賛企業様のため、お手数ですがアンケートにご協力お願いいたします。

受付にお越しの際は、
1.参加受理書(アンケート)
2.大会誓約書(ご署名・捺印をお願いいたします)
3.車両仕様書(フレームナンバーをご記入ください)
4.MFJライセンス
5.健康保険証(コピー可)
6.AMSOILアワードステッカー引換券(申込者のみ)
をお持ちください。

今年から健康保険証の確認もいたします。
コピーでも結構ですので必ずお持ちください。

受理書が届かない場合はご連絡ください。

 

jec-logo
エントリー途中経過を公開しています。
入金確認のできた方のい表示しております。
ゼッケン番号も記入されていますので、お支払いの済んだ方はご自分のゼッケン番号をご確認ください。
このリストは随時更新していきます。

エントリー途中経過はこちら(投稿内エントリーリスト)でご覧ください。

 

jec-logo
全日本エンデューロ選手権 第2戦 近畿大会の全日本ウィメンズクラス、承認クラスのエントリーは明日6月2日より開始します。
定員は80名で、締切日は6月6日です。
エントリー期間が短いので、お申込み忘れの無い様にお願いします。
チーム名の記入漏れが多いので、お気をつけください。
チーム名は所属チーム名の欄にご記入ください。

エントリーはこちらから

皆さんのエントリーをお待ちしております!

 

jec-logo
ナショナルクラスのエントリー状況ですが、未入金の方を含め43名になりました。
あと残り2名で定員となります。
参加ご希望の方は、急いでお申込みください!

現在のエントリー状況(このリストは入金確認の出来た方のみ表示しています)

 

jec-logo
昨日からエントリーを開始したナショナルクラスですが、現在未入金の方も含め27名のエントリーをいただいております。
あと残り18名で受付を締め切ります。
参加をご検討されている方は早めのエントリーを!

現在までのエントリーリストはこちらからご覧ください。

 

jec-logo
全日本エンデューロ選手権 第2戦 近畿大会ナショナルクラスのエントリーは明日5月24日から開始です。
締切は5月30日(月)まで。
定員はIA/IB/ナショナルクラスで85名のところ、IAとIBクラスのエントリーが40台でしたので、ナショナルクラスはあと45名の受付となります。
お申込みはお早めに!

お申込みはこちら
または、横の「ENTRY]バナーをから。

 

jec-logo

全日本エンデューロ選手権 第2戦 近畿大会 IA/IBクラスのエントリーは明日5月22日(日)が締め切りです。
まだお申込みがお済で無い方は明日までにお申込みください。
次はナショナルクラスのエントリーが5月24日から開始になります。
全日本ウィメンズ、承認クラスのエントリーはナショナルクラスのエントリ―受付終了後、6月2日から開始しますので、もう少しお待ちください。

エントリーはこちらから

 

jec-logo
エントリー途中経過をアップしました。
このエントリーリストは入金確認の出来た方のみ表示しています。
これから随時更新していきます。

エントリー途中経過はこちらからご覧ください。

 

jec-logo
6月19日(日)大阪 プラザ阪下で行われる2016MFJ全日本エンデューロ選手権 第2戦 近畿大会 IA/IBクラスのエントリーは明日5月16日から開始です。
先にお知らせしておりますが、定員を設けた都合上、今回はIA/IBクラス、ナショナルクラス、全日本ウィメンズ/承認クラスとエントリー期間が3回に分かれています。
エントリー期間は下の通りです。

エントリー期間:
全日本IA・IBクラス :5月16日~5月22日
全日本ナショナルクラス :5月24日~5月30日
全日本W および 承認クラス :6月2日~6月6日

まずはIA/IBクラスから開始します。
エントリー受付は5月22日まで。

エントリーはホームページ右横の「ENTRY」バナー、またはこちらからどうぞ。

 

大会概要

MFJ 全日本エンデューロ選手権第2戦 ラウンド2 近畿大会
会場:大阪府・プラザ阪下
開催日:2016年6月19日(日)
エントリー受付期間 (IA/IB/N 定員85名、全日本ウィメンズ/承認クラス 定員80名)
全日本IA・IBクラス :5月16日(月)~5月22日(日)まで(受付終了しました)
全日本ナショナルクラス :5月24日(火)~5月30日(月)まで(受付終了しました)
全日本W および 承認クラス :6月2日(木)~6月6日(月)まで(受付終了しました)

エントリーリスト(随時更新しています)

エントリーリスト(PDF)
クラブチームエントリー

大会特別規則

大会特別規則(PDF)

エントリー

全日本ウィメンズ/承認クラスクラス オンラインエントリー(新しいウインドウが開きます)
全日本ウィメンズ/承認クラス ファックス用エントリー用紙

エントリー費の決済方法について

オンラインからエントリーの場合は、銀行振込、コンビニ払い、クレジットカード払いが可能です。ファックスからエントリーの場合は、銀行振込のみとなります。

※コンビニ払い(ファミリーマート/サークルK/サンクス/セイコーマート)、クレジットカード払い(VISA/MASTER)についてはジックZ(株式会社グレートインフォメーション)の決済サービスを利用します。
※コンビニ払いの場合はジックZのチケット購入ページからお手続き後3日以内にお支払ください。
3日を過ぎるとお手続きの際に発行される受付番号が無効となり、店舗でのお支払が出来なくなります。
※受付番号発行後、3日を過ぎてしまった場合は、再度ジックZのページよりチケット購入のお手続きをお願いいたします。
※クレジットカードの場合はジックZのチケット購入ページからそのまま決済画面に移動します。
詳細はエントリーフォーム送信後に表示されるお支払画面からご確認ください。
 

jec-logo
全日本エンデューロ選手権 第2戦 大阪大会のエントリー期間変更についてのお知らせです。

当初エントリー期間を全日本クラス、承認クラスに分けて発表しておりましたが、参加定員を設ける為(IA、IB、ナショナル 定員85名・全日本ウィメンズと承認クラス 定員85名)、以下のように変更いたしました。

全日本IA・IBクラス :5月16日(月)~5月22日(日)まで
全日本ナショナルクラス :5月24日(火)~5月30日(月)まで
全日本W および 承認クラス :6月2日(木)~6月6日(月)まで

クラスにより受付期間が異なりますので、ご注意ください。
上記受付期間内に参加申込みをお願いいたします。

大会詳細については下の大会特別規則書をご覧ください。

大会特別規則書

大会名
2016年MFJ全日本エンデューロ選手権シリーズ第2戦 近畿大会
併 催
2016年中日本エンデューロ選手権シリーズ第2戦 プラザ阪下大会
主 催
オフィスアクション内 MFJ近畿 エンデューロ部会
公 認・承認
一般財団法人日本モーターサイクルスポーツ協会
開催日
2016年6月19日(日)
会場
プラザ阪下 〒586-0051 大阪府河内長野市末広町4番1号

 

dirtfreak_logo

今季よりオフロード用品でおなじみのダートフリーク様より、IBクラス対象にダートフリーク賞を設定していただきました。
各大会でIBクラス上位3名にダートフリーク賞として
1位¥10.000分
2位¥5000分
3位¥5000分
の買い物が出来るというもの。

大会終了後、1週間以内にカタログから商品を選びご注文ください。
注文窓口はJECプロモーションで受付いたします。

 

G-SHOCKlogo
今季はIAクラス(毎大会上位3名)と、大会毎に、IBクラス、ナショナルクラス(固定ゼッケンありと無しの2組)、ウィメンズクラスいずれかのクラス上位3名にも贈られる事になりました!
IAクラス以外の受賞クラスは各大会の表彰式で発表いたします。

製品情報はこちら>>>http://g-shock.jp/

 

JEC-checker
第1戦広島大会のエントリーが終わったばかりですが、第2戦 大阪プラザ阪下大会(中日本エリア選手権第2戦併催)のご案内です。
全日本エンデューロ選手権 第2戦 大阪プラザ阪下大会(中日本エリア選手権第2戦併催)は6月19日(日)開催です。
エントリー期間
全日本クラス:5月16日(月)~5月30日(月)まで
承認クラス:6月2日(木)~6月6日(月)まで

詳細については後日ご案内いたします。

 

TCX
今季もRSタイチ様より、TCXオフロードブーツをご協賛いただきました。

ミシュランと共同開発の専用ハイグリップソールを装備する、ハイパフォーマンスモトクロスブーツ(COMP EVO MICHELIN ブーツ)を毎大会2名へご提供いただきます。
※該当クラスは大会毎に変わります。(IB・N・W・B1・B2・C1・C2・CWの各クラス優勝者の中から毎大会2名)
会場本部にはサンプルを用意していますので、ご興味のある方は試着して履き心地をご確認ください。
tcxboots
商品詳細はこちら>>>http://pro.rs-taichi.com/product/TCF901.html

また、RSタイチではTCXサポートライダーも募集中とのこと!
下記内容をチェックして応募してみてはいかがでしょうか?
http://www.rs-taichi.co.jp/website/news/tcx_support.html

SUPPORTTCX

 

 今年も全日本エンデューロ選手権(承認クラス含む)参加者を対象に、AMS OILアワードが実施される。オイルが提供される対象者は必ずしも各クラスの優勝者……というわけではないので、誰にでもチャンスがある。ぜひプログラムに参加してAMS OILを手に入れよう!

全日本エンデューロ選手権におけるAMSOILアワードについて

・2016 シーズンは大会毎に 2 ストロークアワードと 4 ストロークアワードを交互で設定

2 ストロークアワード内容(1大会)
全日本クラス、承認クラスにて 2 スト使用者 6 名ずつにオイルを提供 全日本クラスにはドミネーターオイル(1名1本) 承認クラスにはインターセプターオイル(1名1本)

4ストアワード内容(1大会)
全日本クラス、承認クラスにて 4 スト使用者 3 名ずつにオイルを提供 両クラスともダートバイクオイル 10W-40(1 名 2 本)

※アワード表彰対象者はレース毎に決定決定方法は毎レースごとに決める。(例:各クラス上位1位の選手、総合でランダムに選出、など各大会受付時に掲示する
※大会エントリー時のエントリーフォーム内にアワード申し込み欄を設け、受け付ける。受付終了後に引換券を送付
※大会当日、受付の際に引換券とAMSOILステッカーを交換し、車両に貼る事でアワードの対象とする

大会参加にあたっての遵守事項
対象者は、JEC および大会主催者に「AMSOIL広告」スペースを提供しなければならない。
「AMSOIL広告」の範囲は図のとおりとし、指定表示物(ステッカー)は大会主催者より大会受付の際に配布され、指定された位置への貼付が義務付けられる。サイズは 17cm×5cm とする。

amsoil-logo

※指定位置左右に十分な間隔を空けなければならない。
車両の広告スペースは下記の位置に張り付けなければならない。

・ステッカーの貼り位置は、フロントフェンダーの左右 2 か所のみとする。

※オリジナルデカールを制作する参加者には指定ロゴデータを提供しますのでご連絡ください。