海外サイトのEnduro21.comに全日本エンデューロ 第1戦 広島大会の模様が紹介されました。

Enduro21.com>>>>>

 

全日本エンデューロ選手権 第1戦 広島大会の様子をBIGTANK MAGAZINEの春木編集長が動画撮影してくれました。
ありがとうございます!

 

第1戦 広島大会終了後の暫定ランキングです。
2017HIROSIMA_RANKING

こちらからもご覧いただけます>>>>

 

晴天で迎えた全日本エンデューロ選手権開幕戦。難しめの設定とは言うものの、コンディションはブラックマークがつくほどのドライで、ホコリに悩まされるライダーも多かったほど。まるで南米のシルトのようなまとわりつく砂塵が、テージャスランチに吹き荒れた。

IAクラス

下馬評では、今季鳴り物入りのCRF450RXで参戦を表明した釘村忠だったが、テクニカルな広島ラウンドでは不利であろうと、見られていた。対して、日本のXCシーンを見据えて開発、熟成に磨きをかけたXCスタンダードマシンYZ250FXを駆る鈴木健二は盤石。JECに先駆けてすでに2戦が終わったJNCCで苦労した部分も、しっかりとフォローして万全の体制を敷くディフェンディングチャンピオン。これに、モトクロスIAのトップコンテンダーから身を引いたばかりの田中教世がどこまで食い込めるか、に注目が集まった。

鈴木は、下見を終えた2周目に2番時計をマーク。ISDEワールドトロフィーを牽引するだけに、モチベーションも高く、持ち前の全開サウンドをここぞとばかりに鳴り響かせる。しかし、釘村が1番時計、田中は慣れないエンデューロに苦戦する中、昨年も開幕戦のみのスポット参戦で気を吐いた友山雅人が3番時計。さらには、IA大型ルーキーの石戸谷蓮が4番時計で幕を開けた。2周目には石戸谷が2番時計を奪取、表彰台の一角を崩しにくるというエキサイティングな展開。

釘村は2周目にミスで3番時計となるも、その後は終始安定してタイムをつめはじめ、グイグイと鈴木との差を拡大。6分台の戦いは一気に5分台へと突入していくトップ2だったが、とどめのラストラップでは釘村が5分44秒をたたきだし、文字通り鈴木は舌を巻いた。鈴木のファステストラップに10秒もの差をつけるスーパーラップに鈴木は「あれは、何に乗ったとしても、出せるタイムじゃ無い」とコメント。鈴木が完敗を宣言した瞬間である。

3番手はそつなく3番時計を出し続けた友山で、ルーキー石戸谷はみごと4位をしとめて見せた。5位にベテラン内山裕太郎、田中は後半タイムを詰めたが6位に甘んじた。

釘村忠

「今シーズンは、絶対にチャンピオンを獲りたい、あとがない、という意識でモチベーションも高いです。それと、新型のCRF450RXがいいこと、事前にしっかりサスやエンジンをテストしてセッティングを出せたこと、加えてトライアル的なテクニック要素を取り入れてみたことも、勝因として大きいと思います。
仕事の事情で、ISDEフランスは断念しましたが、来年からの参戦は視野にいれていますし、このままではダメだという意識がとても強いですね」

鈴木健二

「マシンの仕上がりは、考えていたとおりでしたし、自分自身も走れていないわけではなかったのですが、特に最終ラップのタダシが速すぎましたね。こういう時のタダシは、怪我の危険性があるので、気をつけてもらいたいなとも思います。
ISDEまでにあと3ヶ月あるので、下半身を中心にしっかり体を作って、日本人初のゴールドメダルを奪いにいきます。僕が、全部うまくいって、ようやく獲れるくらいのもの。甘くはありません」

友山雅人

「フル参戦していたときの財産が、今も生きているのかなと思います。ただ、今回は昨年とは違って、しっかり開幕に向けて練習もしてきました。体力が無いので、これ以上はもう無理ですけどね…」

IBクラス

モトクロスIA経験者の中島敬則と村上洸太が一騎打ちの展開。二人はIA田中に次ぐタイムで1番時計と2番時計を分け合い、わずか2秒差で中島が勝利。中島は、今季JEC・JNCCともにフル参戦を宣言しており、次戦富山では特別昇格でIAへ参戦するもくろみ。3位はIBルーキーの大神智樹で、今月末エンデューロ世界選手権へのスポット参戦が予定されている。昨シーズン末、一気に力をつけただけに、次戦以降の成長に注目。

Nクラス

Nクラスでは、全5周中すべて一番時計で圧倒した赤堀吉功が圧勝。XCで磨いたスキルを存分に発揮する形となった。

ウィメンズクラス

ウィメンズクラスでは、昨年最終戦からYZ125Xを5cmもローダウンさせた仕様にした、近藤香織が苦手意識のある広島を制する結果に。常勝の福田雅美は最終ラップでミスして、近藤に逆転される結果に。

 

全日本エンデューロ 第1戦 広島大会にご来場いただきました皆様、本日は大変お疲れ様でした!
ありがとうございました!
公式リザルトは下記よりご覧ください。

公式リザルト>>>>>ワキタソフトのホームページに移動します。

 

第2戦は初めての開催地となる富山県のコスモスポーツランドで開催いたします。
5月15日より全日本クラスのエントリーが始まります。

また皆さんと会場でお会いできるのを楽しみにしております!

 

いよいよ開幕を迎えた全日本エンデューロ選手権。例年通り、初夏の広島テージャスランチにトランスポーターが軒を並べた。

レース前日土曜の本日は、朝から広島には大雨が降り注いだものの、昼には急激に回復。30度近くの夏日となり、みるみるまにドライコンディションに。明日本番も、気温の上昇が見込まれており、開幕から熱中症のおそれが心配されるほどのレース日和。

本年より、選手会の代表が大川原潤へうつり、大川原がルートを前日に試走、歩いてテストを下見してコースを最終決定する方式がとられている。

大川原によれば「テストは駐車場の裏をおりる沢からあがるところにラインが1本しかなく、奥にエスケープがあったものの、公平性を保つためにラインを増やしました。

ヒルクライムでワダチだらけのものがありましたが、生きているラインが少なく、ラインをスコップで作って対応しています。

全体的にテストは難しめ。いつもの広島よりも難易度が高く、ルートとテストが逆になったような構成」とのこと。

雨が降ったらかなりキツイだろうが、コンディションはいいので、タフなレースになるのではないかと見込まれる。ラインを選べる自由度があり、下見が必須。熊本悠太などの地元勢が上位を狙ってくることだろう。明日は、IA・IBで7周、Nで6周、Wで5周の周回数。

ワールドトロフィーチーム発表会

また、16:30より今年予定されているISDEフランスへのワールドトロフィーチーム派遣に関して発表会が催された。鈴木健二、内山裕太郎、前橋孝洋、滑川勝之のチームメンバーら、およびサポートメンバーから抱負などが発表。鈴木は「なんとしても、日本初のゴールドメダルを獲りに行く」と士気を高めた。

 

明日開催の全日本エンデューロ 第1戦 広島大会ではライブリザルトを配信します。
下記よりご覧ください。

ライブリザルト>>>>>>

公式リザルトは競技終了後に公開します。

公式リザルト>>>>

 


「絶対にタメになる!参加者向けメンテナンス講習会」・「レーシングサポート」は当日もお申込を受付ます。
正しいメンテナンス、セッティングを知るチャンスです。
初回限定価格は今回のみ!
奮ってご応募ください!

全日本エンデューロ選手権に参加者のみなさん対象に「絶対にタメになる!基本メンテナンス&セッティングアドバイス」の講習会を開催!
人にはなかなか聞けないメンテナンスの基本を、田中教世と釘村忠のメカニックを長年務めた肥後守が、分かりやすく説明します。
プロのメカニックの技を直接聞けるチャンスです。
初心者向けなので、どなたでもお気軽にご参加ください。

また、肥後氏によるレーシングサポートを受けたい方も4名限定で募集!
ファクトリーパドック(NRTテント横)にて、肥後氏の全面サポートでレースに参戦できます!

「絶対にタメになる!参加者向けメンテナンス講習会」
●日時:2017年5月6日(土)13:00~16:00
●場所:全日本エンデューロ選手権第1戦広島大会 大会本部特設会場
●講師:メカニック 肥後守
●参加費:初回限定価格 2000円(税込)
●定員:20名 (要予約) 定員になり次第受付終了
●ご持参いただくもの:車両のマニュアル、筆記道具、椅子
●お申込みはこちら → https://ws.formzu.net/fgen/S60240183/
<注意事項>
動画の撮影は禁止です。写真撮影は可。

「レーシングサポート」
●日程:2017年5月7日(日)
●場所:全日本エンデューロ選手権第1戦広島大会会場
●定員:4名 (要予約) 定員になり次第受付終了
●サポート費:初回限定価格 5000円(税込)
●ご持参いただくもの:椅子、ガソリン、食べ物、飲み物
(工具、バイクスタンド、大きいテーブルを一つ用意いたします。必要であればテーブルはご持参ください。)

●お申込みはこちら  → https://ws.formzu.net/fgen/S6415861/

 


コースマップをアップします。
昨日ご案内したテストトラックの場所もこちらでご確認ください。

201tejas_cousemap

コースマップ>>>>>>こちらからもダウンロードできます。

 


土曜日の13:00~15:00まで試走コースをオープンします。
試走コースはミニモトクロスコースになります。

コースマップを金曜日に公開いたしますので、試走コースの場所はコースマップにてご確認ください。

 

【全日本エンデューロ選手権第1戦】エントラントの皆さまへお知らせいたします。

<土曜日の受付について>
前日土曜日の15:30~17:00まで受付のみ行います。
※土曜日の車検は行いません。
日曜日の受付は7:00~8:30に行います。
車検は日曜日7:00~8:30に受けてください。

<メディカルパスポートについて>
受理書と一緒にメディカルパスポートを同封しております。
必要事項を記入し、競技中携帯していただくか、チームの方が保管し、事故があった場合は救護に提出してください。
メディカルパスポートは下記からダウンロード可能です。
http://www.mfj.or.jp/user/contents/shinseisyo/pdf/2017/2017_medical_passport_jp.pdf

5月7日(日)タイムスケジュール
*当日の状況により変更になる可能性があります。
受付・車検  7:00~8:30  車検後パルクフェルメへ
ブリーフィング  8:45~9:00
パルクフェルメ入場  9:30~ 第1組より

閉会式   15:30~ (予定)

 

MFJ全日本エンデューロ選手権の各大会で発行されるJEC PRESSの2017年開幕戦版のデータを公開します。(サイズを縮小したpdfファイルなので、実物よりも画像が粗く見える場合があります)。

JEC PRESS 2017 R1 pdf

エントリーリスト、シリーズスポンサーのご紹介(広告)や、プレビュウ記事などが掲載されたカラー28ページの冊子は、大会本部で無料配布されます(数に限りがありますので品切れの際はご容赦ください)

写真はアニマルハウス、ENDURO.J、記事はBIGTANK、編集・フィニッシュワークはrider誌でおなじみのライドパブリケーションという強力コラボレーションで製作されています!

 

全日本エンデューロ選手権に参加者のみなさん対象に「絶対にタメになる!基本メンテナンス&セッティングアドバイス」の講習会を開催!
人にはなかなか聞けないメンテナンスの基本を、田中教世と釘村忠のメカニックを長年務めた肥後守が、分かりやすく説明します。
プロのメカニックの技を直接聞けるチャンスです。
初心者向けなので、どなたでもお気軽にご参加ください。

また、肥後氏によるレーシングサポートを受けたい方も4名限定で募集!
ファクトリーパドック(NRTテント横)にて、肥後氏の全面サポートでレースに参戦できます!

「絶対にタメになる!参加者向けメンテナンス講習会」
●日時:2017年5月6日(土)13:00~16:00
●場所:全日本エンデューロ選手権第1戦広島大会 大会本部特設会場
●講師:メカニック 肥後守
●参加費:初回限定価格 2000円(税込)
●定員:20名 (要予約) 定員になり次第受付終了
●ご持参いただくもの:車両のマニュアル、筆記道具、椅子
●お申込みはこちら → https://ws.formzu.net/fgen/S60240183/
<注意事項>
動画の撮影は禁止です。写真撮影は可。

「レーシングサポート」
●日程:2017年5月7日(日)
●場所:全日本エンデューロ選手権第1戦広島大会会場
●定員:4名 (要予約) 定員になり次第受付終了
●サポート費:初回限定価格 5000円(税込)
●ご持参いただくもの:椅子、ガソリン、食べ物、飲み物
(工具、バイクスタンド、大きいテーブルを一つ用意いたします。必要であればテーブルはご持参ください。)

●お申込みはこちら  → https://ws.formzu.net/fgen/S6415861/

 

昨日でナショナルクラスのエントリーが終了し、全日本クラス全体で定員の120名に達した為、承認クラスは開催しない運びとなりました。
楽しみにされていた方々には大変申し訳ありません。
ナショナルクラスのエントリーが増えてきているため、今シーズンは第2戦以降も全日本クラスで120台程度のエントリーが予想されます。
定員が120台程度の大会については承認クラスが開催されない可能性がありますので、ご了承ください。

エントリーリスト>>>>>> 2ページにクラブチームのエントリーリストがございます。

 

全日本エンデューロ選手権 第1戦 広島大会 ナショナルクラス(ポイント未獲得者、指定ゼッケン未取得者)のエントリーは今夜午前0時より開始します。

締切は4月10日とエントリー期間が短いので、ご注意ください。
皆さまのエントリーをお待ちしております。

大会詳細、エントリーについてはこちらからご確認ください>>>>>>

 


全日本エンデューロ選手権 第1戦の全日本クラスのエントリーは3月26日に開催された九州エリア戦 第2戦の結果を反映させるため、3月27日20:00より開始します。
ナショナルクラスは、指定ゼッケン獲得者と今年2月5日開催の九州エリア戦第1戦、3月26日開催の九州エリア戦第2戦でポイントを獲得した方のみのエントリー開始になります。
指定ゼッケンをお持ちでない方のエントリーは4月7日からとなりますのでお間違いの無いようお願いいたします。

締切は4月5日です。
受付期間が短いので、エントリー忘れのないように気を付けてください!

チーム名の記入忘れが多いので、チーム名のある方はエントリーフォームの「所属チーム名」の欄にご記入ください。
(クラブチームエントリーされる場合のチーム名は「クラブチーム名」にご記入ください。)
皆さんのエントリーをお待ちしております!!

大会特別規則はこちらから>>>

エントリーフォームはエントリー開始直前にアップします。

 


3月27日から全日本クラスのエントリーを開始します。
ナショナルクラスは、指定ゼッケン獲得者と今年2月5日開催の九州エリア戦第1戦、3月26日開催の九州エリア戦第2戦でポイントを獲得した方のみのエントリー開始になります。
指定ゼッケンをお持ちでない方のエントリーは4月7日からとなりますのでお間違いの無いようお願いいたします。

締切は4月5日です。
受付期間が短いので、エントリー忘れのないように気を付けてください!

チーム名の記入忘れが多いので、チーム名のある方はエントリーフォームの「所属チーム名」の欄にご記入ください。
(クラブチームエントリーされる場合のチーム名は「クラブチーム名」にご記入ください。)
皆さんのエントリーをお待ちしております!!

大会特別規則はこちらから>>>

エントリーフォームは後日アップします。

 

mfjenduro_log

2月1日より2017年度のMFJ会員ライセンスの継続申請が開始されています。
全日本エンデューロ選手権、エリア選手権に参戦予定の方は申請をお忘れなく!

2017年度申請受付開始日  :2017年2月1日より
2017年度ライセンス有効期間:2017年4月1日以降~2018年3月31日

ライセンスの申請はこちらから(MFJのサイトへ移動します)

2017年度ライセンス継続申請のご案内 (PDF:790KB)
http://www.mfj.or.jp/user/contents/Applications/license-info/pdf/2017licence.pdf

会員向けの特別優待、割引サービスについては下記を参照してください。
http://www.mfj.or.jp/user/contents/licence/licence-members.html

 
2017ALLJAPAN_calendar

ダウンロードはこちら(PDFファイル)>>>>>

2017全日本エンデューロ選手権のエントリー期間です。

全日本クラス(IA/IB/ナショナル(ポイント獲得者)/ウィメンズ)、ナショナル(ポイント未獲得者)、承認クラス(B/C/CW)の3段階に分けてエントリー受付期間が異なりますので、ご注意ください。

全日本クラス/ナショナルクラス(ポイント未獲得者)のエントリー締切時点で台数が定員となった場合、承認クラスは併催されない場合もございます。

 

mfjenduro_log

2018年1月1日より、MFJエンデューロ公認競技会における開催クラス区分ならびにライセンス区分が改訂されます。

有効な RD 国際(RINT)、MX 国際 A 級(MXIA)、TR 国際 A 級(TRIA)所持者がエンデューロライセンスを追加で取得する場合、初回に限り、エンデューロ国際 A 級(EDIA)、国際 B 級(EDIB)、国内 A 級(EDNA)、国内 B 級(EDNB)のいずれかを選択し、取得することができることとなります。
詳細はPDFをご覧ください。

【予告】2018年からのエンデューロクラス区分ならびにライセンス区分の改訂について (2017.1.31)(PDFファイル)

 

mfjenduro_log

2017年度全日本エンデューロ選手権シリーズの指定ゼッケンが決定いたしました。
詳細はPDFをご覧ください。

※1/23に発表したゼッケン表に不足がございましたので、1月27日に改定致しました。

2017全日本エンデューロ指定ゼッケン改訂版>>>>>(PDFファイル)

 

mfjenduro_log

2017年度全日本エンデューロ選手権シリーズの指定ゼッケンが決定しました。
下記PDFファイルをご覧ください。

2017年全日本エンデューロ選手権年間指定ゼッケン(PDFファイル)

 

_MG_7502

2017年MFJ全日本選手権および主要競技会カレンダーが発表されました。

2017年全日本エンデューロ選手権日程