2日目も、晴天。あまりにさわやかで、あまりに平和な珍しい日高2デイズエンデューロ。

震災による影響を考えて、2日目は全クラス121kmを1周。朝7時15分に第1組がパルクフェルメ入り、最終のゴールは13時20分とほとんどの日程を午前中に終えるスケジュールが組まれた。テストの数は、1周分の4つに加えてスタート地点のスキー場クロステストで5つ。おおよそISDEならば半日分程度の内容だ。

IA 太田、大神が肉薄するも届かず。前橋が日高を制す

前日に引き続き、前橋はすべてのテストで1番時計をたたき出し、このHTDEにおいてIAクラスを完封勝利。とはいうものの、途中川で水没しそうになる危機があり、川からあがっておちついてエアフィルターを絞ったら、水が大量に出てきたというから、何があってもおかしくはなかった。「ずっと余裕があったというわけではなくて、水没騒ぎがあったりもしたんですよ」という前橋。「三島エンデューロテストは、だいぶラインができたのでペースを上げることができました。何かトラブルがあるとすれば三島だと思っていたくらい、難しいテストでした。今まで出てきたエンデューロの中では、すごくうまくいったとは思いますけど、トップ陣がいない中での結果なので…」とのこと。現時点で、ロングタームターゲットとしてISDEにおいてのゴールドメダルを目指す前橋にとっては、心から納得できるものではないようだ。

2位も、前日に続いて太田幸仁。「昨日よりは、攻めることができたし、タカ(前橋)との差も詰まったかなと思います。この状況でこの結果なら、まずまずといったところですね」と太田。目下11月に控えるISDEチリへの調整に励んでいる太田だけに、冷静沈着。3位には、DAY1を崖落ちとペナルティで失敗した大神智樹が入賞。IAデビューイヤーにしてこの成績はさすが勢いのある若手と言ったところ。「祐太朗(齋藤祐太朗)くんが近所に引っ越してきたので、最近はいつも一緒に走っています。特にスプリントの走り方を参考にしていますね。まだまだ基礎が足らないなと思いました」とのこと。

IB 齋藤が連勝するも、三島テストでは飯塚翼がIAふくめトップタイムをマーク

IAと同じく齋藤祐太朗がDAY1、DAY2ともに優勝。元々の実力はIAトップレレベルの齋藤だが、易々と1位を獲れたわけではなかった。「1日目は、若手との差がテストにつき15秒くらいあったんですが、どんどんつまってきまして、最終的には数秒しかアドバンテージがなかったですね。昨日は、少しだけマージンを残していたのですが、今日は追いつかれまいと全力でした」と。エンデューロだけ練習していても上達できない、と判断して一時期離脱、モトクロスの地方選で修行を積んで舞い戻ってきた齋藤だが、その鋭さは数年前とは比べものにならない。「いまは、ワールドトロフィーでISDEに参戦するのが目標」とのこと。

齋藤を追い詰めた若手二人だが、2位は保坂修一。16歳最後のレース、二輪免許を取得してこの日高に臨んだ。「二人で齋藤さんをたおそうと思っていたですが、まだ甘かったですね…」と。ランデブー走行を続け、引っ張りあい続けた二人はこの日高の2日で成長しており、3位飯塚翼は難しいと言われていた三島エンデューロテストで、齋藤どころか前橋を上回るタイムを奪取。いまの若手が、スピードだけではないところを見せつけた形だ。「昨日よりは、うまく走れましたかね…」と飯塚。「差が少しずつつまっていったのですが、最後のクロステストでまた離されてしまいました」と。

ウィメンズ レクシィに迫る菅原聖子

昨日、多くのウィメンズライダーが水没などのトラブルやミスに苦しんだが、DAY2ではクリア。強豪、レクシィを倒せるまでには至らなかったものの、2位菅原聖子が3分3秒差まで迫った。3位は、日高ではじめて入賞できたという近藤香織が入賞。

レクシィは「再び日本に来れたことがうれしいです。数々のボランティアのおかげでこのレースができていると聞いています。彼らに感謝したい」とコメント。

 

気温が低いと言われていた日高2デイズエンデューロ、蓋をあけてみれば秋晴れの心地よいエンデューロ日和に。ここまで爽快なオープニングも近年なかったのではないか、と思えるほど。雨の影響もなく、路面は適度にウェットな状態。設定タイムはBが採用された。

IAクラス 安定感と、強さが前橋の圧勝を支えた

釘村忠、田中教世、石戸谷蓮、と多くのトップライダーが出場を棄権。セロー250で戦う鈴木健二は、「この天気では、セローの良さは出てこない。今回は勝てないですよ」と言うところ、1つめのテスト2コーナー目でスリップダウンして11番タイムと、王者が崩れ去っていくDAY1。鈴木へとどめを指したのは2つめのエンデューロテストで、スピードの出やすいスネークを駆け抜けた先で崖に落ちてしまう失態。残念ながら、復帰したもののタイムオーバーになってしまった。

残るトップ陣だが、2018年のISDEワールドトロフィーでリーダー的存在である太田幸仁も、実は9針を縫う指の怪我をおしての参戦。昨年総合優勝を決めた前橋孝洋が、万全の体制でプッシュを続ける。「段々と調子を取り戻すことができたので、タイムをつめていける結果に。最初心配だった割には、ミスなく1日を終えることができました。三島テストも怖かったですが、しっかりこなせましたね。川に深いところがあったので、明日も気をつけたいと思う」と前橋。いなすことが難しいセクションが続く貯木のクロステストでは、特にショートしてつぶれがちなサスペンションを加速につなげるシーンが多く見られ、タイムも圧倒。安定感と強さを備えたDAY1の前橋に死角はなかったようだ。2位とは、1分27秒もの差をつけて圧勝。

2位争いは太田と内山裕太郎。めまぐるしく積算タイムによる順位を入れ替えながら、僅差で熱戦が続いていたものの、最後のテストで見事に太田が再逆転。「特に、貯木のテストや三島は、指の怪我でおさえが効かず、攻めあぐねましたね…。夏にしっかり乗り込めたので、体もよく動いていましたし、惜しい。ただ、この状況でこの成績なので、まぁ、まとまったかなと思っています。ISDEのいい練習になったなと」と太田はコメント。内山は「悔しいですね。タイムに差が無かったのでいけるかなと思ってたんですが。一昨年はここで総合優勝できていたんですが。明日、しっかり巻き返したいです。ルートは、雨降ったらみんな上れないんじゃ無いかな…ってくらいの走りごたえのあるもので、面白かったですよ」とのこと。

IB 齋藤祐太朗、IAでも2位のタイムながら悔しさを滲ませる

IBクラスは、今年クラスを席巻している齋藤祐太朗がDAY1をまさに圧倒。IAクラスでも2位の積算タイムだが「まだ前橋君とは差がありますね…。悔しい。西山林道のテスト、めちゃくちゃ頑張ったんですが、それでも10秒は前橋君が速い。ちょっと怖い域まで飛ばさないと、あのタイムは出ない…」と齋藤。5歳ほど前橋よりも年上の齋藤は、一時期エンデューロから離れていたもののBetaと今年は契約して活躍を続けている。「今年の目標がIBタイトルなので、無理はせず明日も走りたいと思ってます」とのこと。

若手IBの保坂修一、飯塚翼の2名が2-3位。激しくライバル意識を燃やす二人の戦いは、まずは保坂に軍配が上がった。彼らもIAクラスで通用するタイムを出している。

ウィメンズ 昨年に引き続きレクシィが快走

カナダからゲスト参戦しているライダー、レクシィ・ピショーは昨年も圧倒的な実力で日高を楽しんでいたが、今年もしっかり走りきった模様。テスト積算タイム2位の増田まみ(※公式リザルトでは、ペナルティをふくめて高見智代が2位の結果でした。当記事掲出当初、積算タイムのみで増田まみを2位と表記いたしました、関係者およびご本人・ご覧いただいている方々にお詫び申し上げます)に、3分もの大差をつけてゴール。「ウッズに、ロック、すごく楽しかった。フローリーなルートが気持ちよかったです。日本で再び走れて、ホントにうれしい。また明日、よろしくね!」とレクシィ。

 

明日から2日間にわたって開催される2018MFJ全日本エンデューロ選手権第3戦 日高ツーデイズエンデューロのライブリザルトと公式リザルトは下記からご覧ください。

 

胆振地方を中心とする北海道地震の影響が残る中、全日本エンデューロ選手権第4-5戦、日高2デイズエンデューロが開催されようとしている。近年、徐々にそのルートの長さを伸ばしているHTDEだが、今回は1周なんと121kmの発表。昨年同様、IA/IB/NAクラスは1周と約半分のルート設定をこなす。下見周は無い。

例年どおり、参加者はこの金曜日に続々と集まって、下見と車検を終わらせるものが大半だが、あるものは車両整備にてこずり、あるものは明日朝の現地着となる。

このたび、4つのテストが用意されているが、多くのライダーにとって注目されたのは10数年ぶりに復活した「三島エンデューロテスト」だ。15kmほど本部から外れた場所にあるこのテストは、チロル川ほとりにある笹の中のブッシュがメイン。細かいコーナーを多く含み、倒木などの罠も多いこのテストは、走破は難しくないが攻めあぐねる類のもの。テクニックの差が如実に出ると思われる。

また、豪雨で流れた木を集めた「貯木場」は昨年のエクストリームテストからクロステストに変更されている。

トップライダーの多くは、地震の影響を加味して自粛や参戦とりやめの決断をしているが、ヤマハの鈴木健二はヤマハとも相談した上で参戦を決断。セロー250で本戦に臨む。「地元の決定、喜んでいただける人々、いろんなことを考えて参戦することにしました」とのこと。レースマシンでは無いトレールバイクでの勝負は困難を伴うところ。

昨年、ISDEワールドトロフィーのチームメンバーでもあり、2016・2017のDAY1を優勝している前橋孝洋も参戦を決意した一人。万全を期して日高へ臨む。

ゲストライダーとして、昨年も来日したレクシィ・ピショー、そしてジャーナリストのローレンス・ハッキングが出場。グローバルな交流にも期待がかかる。

 

国立ひだか青少年自然の家より9月14日(金)から9月16日(日)の2泊3日で宿泊が可能とのご連絡をいただきました。

宿泊ご希望(素泊まり)の方は9月13日15:00までにお申込みください。お申込み数によってはご宿泊が出来ない場合もございます。予めご了承ください。

●お弁当の申込受付は終了しました9月13日追記)

●青少年研修施設ですので、チェックアウトの前にご利用いただいた宿泊室やトイレ等の清掃が決まりとなっております。ご了承の上お申込みください。(9月11日追記)

尚、ひだか高原荘に宿泊予約をされている方で国立ひだか青少年自然の家に変更したいという方もお申込みいただけます。

宿泊料金:1泊1名800円

食事の料金は以下の通り(事前の予約が必要です)

ご利用に関する詳細については国立ひだか青少年自然の家ホームぺージをご覧ください。

 9月15日15:00締切(食事の申込受付は終了しました)
申込フォームを送信しただいた後に、施設からの指定の書類をメールにてお送りいたしますので、書類にご記入後またご返信ください。お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。

 

大会当日に無料で配布する大会プログラムのPDF版です。
コースマップ・会場マップも掲載されています。
おでかけの前にご覧ください。
当日はレース観戦が無料となっております。お近くの方は是非お越しください。
*プログラム完成後にキャンセルが決まった選手についてはエントリ―リストにお名前が掲載されています。ご了承願います。

 

大変残念なお知らせです。
h.t.d.eのFBページにてマイク ブラウン選手が来日できなくなったことが伝えられました。
現時点での理由はわかりませんが、次のチャンスに期待しましょう。

 


このたびの北海道胆振地方を震源とする地震による被害に遭われた皆様に謹んでお見舞い申し上げます。

来週に開催を予定している日高ツーデイズエンデューロについてですが、現地の状況がわかり次第、随時お知らせいたします。
テレビでは会場の日高町からさほど遠くない場所での被害が報道されており、皆さん心配されているかと思います。
幸いにも現地のスタッフは無事が確認されており、私共も安心いたしましたが、北海道にお住まいの皆さまにはしばらく大変な状況が続くと思われます。
一日も早く皆様の生活が元に戻りますように心よりお祈り申し上げます。

 

ルート概略図とGPS情報が日高モーターサイクリストのホームページで発表されました。

日高モーターサイクリストクラブホームページ(詳細はこちらをご覧ください)

 

入金確認のできた方へは受理書を発送いたしました。
お手元に届きましたら内容をご確認ください。

・送付状の下が大会参加誓約書と受理書になっております。大会参加誓約書にはご署名、捺印をお願いいたします。
車両仕様書にはフレームナンバー、登録ナンバー、免許証番号、自賠責保険証の番号をご記入ください。
ファックスでお申込みをされた方へは用品に関するアンケート用紙を同封しております。お手数ですが、アンケートにご協力をお願いいたします。
メディカルパスポートは必要事項をご記入のうえ、競技中携帯していただくか、チームの方にお預けください。(受付にお持ちいただく必要はありません。)

もし受理書が届かない場合は、恐れ入りますがJECプロモーションまでご連絡くださいますようお願いいたします。

 

日高ツーデイズエンデューロ承認クラスのエントリーは明日8月17日が締め切りです。
参加ご希望の方は明日までにお申込みください。
また、エントリ―費のお支払いがまだの方は明日までにお支払いをお願いいたします。

エントリーはこちら

 

2018年 MFJ 全日本エンデューロ選手権シリーズ ラウンド4/5 ヒダカツーデイズエンデューロ


エントリ―の受付は終了しました。
入金確認のできている方から受理書を発送しております。(8月19日追記)

今年は海外から4名のライダーが参戦決定!
2016年のHTDEに出場した Lawrence Hacking(カナダ)がNAクラスに、昨年全日本クラスに出場したLexi Pechout (カナダ )が全日本クラスに、そしてインターナショナルAクラスにMike Brown (USA)、NBクラスに Steve Park(カナダ)の出場も決まりました!
海外ライダーの走りにも注目です!

大会特別規則書(PDF)

エントリ―リスト

クラブチームエントリ―


開催概要


■ 大会名:2018 MFJ全日本エンデューロ選手権シリーズ ラウンド4/5 ヒダカツーデイズエンデューロ


■ 開催場所:北海道・日高町


■ 開催日程:9月15日(土)・16日(日)


■ 主催:一般財団法人 日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)


■ 協力:JECPROMOTION


■ 開催クラス:JEC IA/IB/NA/NB/WOMENS/承認クラス


■ 併催レース:北海道エンデューロ選手権 第6戦


■ エントリー期間:
■ 早期エントリー     5月10日(木)20:00~5月21日(月)(ひだか高原荘、ホテル日勝に宿泊予約を希望される方はこの期間にお申込みください)早期エントリーの受付は終了しました。
全日本クラス 7月23日(月)20:00~8月1日(水)受付終了しました
全日本NBクラス 8月3日(金)20:00~8月8日(水)受付終了しました
承認クラス 8月9日(木)20:00~8月17日(金)受付終了緒しました


関連リンク(準備が出来次第リンクします)
早期宿泊予約手配に伴う  エントリー手続きについて >>>>>(PDF)
大会特別規則書>>>>>(PDF)
エントリーリスト
クラブチームエントリ―リスト
ルートマップ
ライブリザルト(DAY1)
ライブリザルト(DAY2)
公式リザルト
全日本クラスランキング第3戦終了時点
承認クラスランキング第3戦終了時点


・開催会場情報
・アクセスガイド
タイムスケジュール


2018 JECヒダカツーデイズエンデューロ最新インフォメーション


アクセス

 

ひだかツーデイズエンデューロ開催時のバンガローと食事+お風呂セットの抽選申込受付のお知らせです。

明日6月7日20:00より沙流川キャンプ場とからまつキャンプ場のバンガローの抽選申込を受付ます。

申込ができるのは日高ツーデイズエンデューロに参加する選手です。
申し込みの代表者がHTDEにエントリーされない場合は、エントリー期間終了後にキャンセルさせていただきますので、必ずエントリーする選手が申込をしてください。
バンガローのお申込みは代表者一人につき1棟のみとさせていただきます。
詳細を確認のうえ、お申込みください。

 

バンガロー/食事+お風呂セットのお申込みは下の「今すぐ申し込む」をクリックしてください(6月7日20時開始)

今すぐ申し込む

<バンガローのお申込みについて>

バンガローの予約は沙流川キャンプ場、からまつキャンプ場共も14日と15日の2泊になります。(16日チェックアウトです)
16日は必ず10時までにチェックアウトを済ませてください。
バンガロー利用料のお支払いは当日キャンプ場へ直接お支払いください。

バンガローには寝具がありませんので、寝袋等をご持参ください。

バンガローのタイプと料金、定員数は以下の通りです。

<沙流川オートキャンプ場>
バンガローA :9棟
バンガローB :1棟 (※バンガローBはトイレ・流し付きです。)

料金:
バンガローA 1棟 4~5名利用可 1棟1泊3,800円 +100円×利用人数
バンガローB 1棟 5~6名利用可 1棟1泊4,800円 +100円×利用人数
※バンガローBはトイレ・流し付きです。

<からまつキャンプ場>
バンガロー 2棟

料金:
バンガロー 1棟 4~5名利用可 1人1泊 800円
※16時頃までに国立日高青少年自然の家にて受付を済ませてください。

<食事+お風呂セットのお申込みについて>

ひだか高原荘に宿泊しない方がご利用できる食事+お風呂のセット料金を設定していただきました。
こちらはバンガローをご利用しない方もお申込みいただけます。

代表者お一人につき4名までお申込みができます。

セット内容は以下の通りです。

<食事+お風呂セット>
募集定員:45名分限定
料金:7,800円/名
セットの内容は以下の通りです。
9月14日(金)夕食+入浴券
9月15日(土)朝食+夕食+入浴券
9月16日(日)朝食

*お支払いは後日になります。お支払い方法については当選後ご案内いたします。

 

<抽選の発表について>
締切後に抽選し、当落結果をメールにてお知らせいたします。

 

バンガロー/食事+お風呂セットのお申込みは下の「今すぐ申し込む」をクリックしてください(6月7日20時開始)

今すぐ申し込む

 

<2018MFJ全日本エンデューロ選手権 第3戦 日高ツーデイズエンデューロ>早期エントリーに申込をされた方へお知らせします。

本日が宿泊予約抽選申込の締切です。(*早期エントリーについては昨日で受付を終了いたしました。)

早期エントリー申し込み後に、宿泊予約抽選申込フォームを送られていない方がいらっしゃいます。

宿泊予約抽選申込フォームは本日までに必ず送信してください。

宿泊予約抽選申込フォームのURLはエントリー費の入金確認後にメールにてご案内しております。

まだお支払いが済んでいない方については、入金確認後にご案内いたしますので、本日までにご送金願います。

抽選の準備がございますので、必ず本日までにお申込みを済ませてください。

お忙しいところ大変申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

 

 

日高ツーデイズエンデューロ 宿泊予約に伴う早期エントリーは本日5月21日が締め切りです。
ひだか高原荘、ホテル日勝に宿泊予約の抽選をご希望の方は、本日までにお申込みください。
すでにお申込みされていて、エントリー費のお支払いが済んでいる方には宿泊予約抽選申込についてのご案内をメールにてお送りしております。
ご案内メールに記載されてい宿泊予約抽選申込フォームを送信されていない方は本日5月21日までに送信してください。
早期エントリー申し込み後に送られる、宿泊予約抽選申込についてのご案内メールが届いていない方は、恐れ入りますがこちらからご連絡をくださいますようお願いいたします。

早期エントリーは 5月10日から5月21日まで実施し、5月25日(金)夕方(2018 全日本エンデューロ選手権シリーズ第 2 戦中日本大会の会場)に抽選を行う予定です。(抽選に申し込み者が同席する必要はありません。当選された方にはメールでご案内を差し上げます)

早期エントリーの詳細については下記をご参照ください。
早期宿泊予約手配に伴う  エントリー手続きについて >>>>>(PDF)

 

日高ツーデイズエンデューロ 大会詳細については下記「大会特別規則書」をご覧ください。
大会特別規則書>>>>>(PDF) お申込みの前に必ずお読みください。
*Cクラスより更に初心者向けにFクラスが新設されています。

 

早期エントリーはこちら>>>>>受付終了

ファックス用エントリー用紙はこちら>>>>>受付終了

 

早期エントリー受付期間: 5月10日20:00から5月21日まで

宿泊予約をご希望されない方は通常のエントリー期間中にお申込みください

通常のエントリー期間
■全日本クラス              7月23日(月)20:00~8月1日(水)
■全日本NBクラス        8月3日(金)20:00~8月8日(水)
■承認クラス                 8月9日(木)20:00~8月17日(金)

<宿泊予約についての情報>

●ひだか高原荘
2人部屋 (18室)
3人部屋 (12室)
4人部屋 (2室)
5人部屋 (1室)

宿泊料金:8000円+消費税/1人1泊(2食付き)
1人1室利用:9500円+消費税/1人1泊(2食付き)
*1名1室で利用できるのは2人部屋に限ります。
小学生以下:5400円+消費税/1人1泊(2食付き)

●ホテル日勝
2人部屋 (3室)
1人部屋(1室)

宿泊料金
2名1室利用:7000円+消費税/1人1泊(2食付き)
1名1室利用(1人部屋利用):7000円+消費税/1人1泊(2食付き)
1人1室利用(2人部屋利用):9000円+消費税/1人1泊(2食付き)
小学生以下:設定なし

この他に、日高高原荘では、宿泊しない選手・関係者の向けに、2泊3日の温泉利用と朝夕食をセットにしたパッケージを提供販売していただける予定です(後日の案内となります)。

 

昨年と同様にひだか高原荘の宿泊予約をJECプロモーションで取りまとめることになりました。
今年はホテル日勝の予約も併せて受付をいたします。
それに伴い、ひだか高原荘、ホテル日勝にご宿泊を希望される方向けに早期エントリーを実施いたします。
まず早期エントリーにお申込みいただきエントリー費のお支払いが済んだ方から宿泊の予約が可能となります。

早期エントリーは 5月10日から5月21日まで実施し、5月25日(金)夕方(2018 全日本エンデューロ選手権シリーズ第 2 戦中日本大会の会場)に抽選を行う予定です。(抽選に申し込み者が同席する必要はありません。当選された方にはメールでご案内を差し上げます)

早期エントリーの詳細については下記をご参照ください。
早期宿泊予約手配に伴う  エントリー手続きについて >>>>>(PDF)

 

日高ツーデイズエンデューロ 大会詳細については下記「大会特別規則書」をご覧ください。
大会特別規則書>>>>>(PDF) お申込みの前に必ずお読みください。
*Cクラスより更に初心者向けにFクラスが新設されています。

 

早期エントリーはこちら>>>>>受付終了

ファックス用エントリー用紙はこちら>>>>> 受付終了

 

早期エントリー受付期間: 5月10日20:00から5月21日まで

宿泊予約をご希望されない方は通常のエントリー期間中にお申込みください

通常のエントリー期間
■全日本クラス              7月23日(月)20:00~8月1日(水)
■全日本NBクラス        8月3日(金)20:00~8月8日(水)
■承認クラス                 8月9日(木)20:00~8月17日(金)

<宿泊予約についての情報>

※ひだか高原荘の利用できる部屋の数については現在調整中です。後日ご案内いたします。
●ひだか高原荘
2人部屋 (18室)
3人部屋 (12室)
4人部屋 (2室)
5人部屋 (1室)

宿泊料金:8000円+消費税/1人1泊(2食付き)
1人1室利用:9500円+消費税/1人1泊(2食付き)
*1名1室で利用できるのは2人部屋に限ります。
小学生以下:5400円+消費税/1人1泊(2食付き)

●ホテル日勝
2人部屋 (3室)
1人部屋(1室)

宿泊料金
2名1室利用:7000円+消費税/1人1泊(2食付き)
1名1室利用(1人部屋利用):7000円+消費税/1人1泊(2食付き)
1人1室利用(2人部屋利用):9000円+消費税/1人1泊(2食付き)
小学生以下:設定なし

この他に、日高高原荘では、宿泊しない選手・関係者の向けに、2泊3日の温泉利用と朝夕食をセットにしたパッケージを提供販売していただける予定です(後日の案内となります)。

 

 

 

 


昨年と同様にひだか高原荘の宿泊予約をJECプロモーションで取りまとめることになりました。
今年はホテル日勝の予約も併せて受付をいたします。
それに伴い、ひだか高原荘、ホテル日勝にご宿泊を希望される方向けに早期エントリーを実施いたします。
まず早期エントリーにお申込みいただきエントリー費のお支払いが済んだ方から宿泊の予約が可能となります。

早期エントリーは 5月10日20:00から5月21日まで実施し、5月25日(金)夕方(2018 全日本エンデューロ選手権シリーズ第 2 戦中日本大会の会場)に抽選を行う予定です。(抽選に申し込み者が同席する必要はありません。当選された方にはメールでご案内を差し上げます)

お申込み方法については後日ご案内いたします。

早期エントリーの詳細については下記をご参照ください。
早期宿泊予約手配に伴う  エントリー手続きについて >>>>>(PDF)

 

日高ツーデイズエンデューロ 大会詳細については下記「大会特別規則書」をご覧ください。
大会特別規則書>>>>>(PDF) お申込みの前に必ずお読みください。
*Cクラスより更に初心者向けにFクラスが新設されています。

 

早期エントリー受付期間: 5月10日20:00から5月21日まで

 

宿泊予約を希望されない方は下記の期間のお申込みください

通常のエントリー期間
■全日本クラス              7月23日(月)~8月1日(水)
■全日本NBクラス        8月3日(金)~8月8日(水)
■承認クラス                 8月9日(木)日~8月17日(金)

 

<宿泊予約についての情報>

※ひだか高原荘の利用できる部屋の数については現在調整中です。後日ご案内いたします。
●ひだか高原荘
2人部屋 (18室)
3人部屋 (12室)
4人部屋 (2室)
5人部屋 (1室)

宿泊料金:8000円+消費税/1人1泊(2食付き)
1人1室利用:9500円+消費税/1人1泊(2食付き)
*1名1室で利用できるのは2人部屋に限ります。
小学生以下:5400円+消費税/1人1泊(2食付き)

●ホテル日勝
2人部屋 (3室)
1人部屋(1室)

宿泊料金
2名1室利用:7000円+消費税/1人1泊(2食付き)
1名1室利用(1人部屋利用):7000円+消費税/1人1泊(2食付き)
1人1室利用(2人部屋利用):9000円+消費税/1人1泊(2食付き)
小学生以下:設定なし

この他に、日高高原荘では、宿泊しない選手・関係者の向けに、2泊3日の温泉利用と朝夕食をセットにしたパッケージを提供販売していただける予定です(後日の案内となります)。

 


昨年と同様にひだか高原荘の宿泊予約をJECプロモーションで取りまとめることになりました。
今年はホテル日勝の予約も併せて受付をいたします。
それに伴い、ひだか高原荘、ホテル日勝にご宿泊を希望される方向けに早期エントリーを実施いたします。
まず早期エントリーにお申込みいただきエントリー費のお支払いが済んだ方から宿泊の予約が可能となります。

早期エントリーは 5月10日から5月21日まで実施し、5月25日(金)夕方(2018 全日本エンデューロ選手権シリーズ第 2 戦中日本大会の会場)に抽選を行う予定です。(抽選に申し込み者が同席する必要はありません。当選された方にはメールでご案内を差し上げます)

お申込み方法については後日ご案内いたします。

早期エントリーの詳細については下記をご参照ください。
早期宿泊予約手配に伴う  エントリー手続きについて >>>>>(PDF)

 

日高ツーデイズエンデューロ 大会詳細については下記「大会特別規則書」をご覧ください。
大会特別規則書>>>>>(PDF) お申込みの前に必ずお読みください。
*Cクラスより更に初心者向けにFクラスが新設されています。

 

早期エントリー受付期間: 5月10日から5月21日まで

 

通常のエントリー期間
■全日本クラス              7月23日(月)~8月1日(水)
■全日本NBクラス        8月3日(金)~8月8日(水)
■承認クラス                 8月9日(木)日~8月17日(金)

<宿泊予約についての情報>

※ひだか高原荘の利用できる部屋の数については現在調整中です。後日ご案内いたします。
●ひだか高原荘
2人部屋
3人部屋
6人部屋

宿泊料金
2名1室・3名1室・6名1室利用:8000円+消費税/1人1泊(2食付き)
1人1室利用:9500円+消費税/1人1泊(2食付き)
小学生以下:5400円+消費税/1人1泊(2食付き)

●ホテル日勝
2人部屋のみ (3室だけ)

宿泊料金
2名1室利用:7000円+消費税/1人1泊(2食付き)
1人1室利用:9000円+消費税/1人1泊(2食付き)
小学生以下:設定なし

この他に、日高高原荘では、宿泊しない選手・関係者の向けに、2泊3日の温泉利用と朝夕食をセットにしたパッケージを提供販売していただける予定です(後日の案内となります)。

 

今年よりナショナルクラスがNA、NBに区分されたことにより一部のクラスでゼッケンカラーが変更になります。

 

MFJホームページにて 2018MFJエンデューロ競技規則の訂正と補足について案内されています。
訂正と補足の詳細については下記PDFファイルをご覧ください。

2018年度MFJ エンデューロ競技規則について (2018.2.8)(PDFファイル)

 

全日本エンデューロ選手権 各大会のエントリー期間についてお知らせいたします。
エントリー期間は下記PDFでご確認ください。
尚、第1戦 広島大会、第2戦 中日本ツーデイズ、第4戦 SUGOツーデイズの承認クラスの開催については、全日本クラスのエントリー状況によっては開催されない場合がございます。(※第3戦日高ツーデイズでは承認クラスを開催いたします。)
承認クラスの開催については全日本クラスのエントリー終了後にお知らせいたしますので、ホームページ、facebookでご確認ください。

2018年全日本エンデューロ選手権エントリー期間カレンダー (1)

2018全日本エンデューロ選手権 エントリー期間(PDFファイル)>>>>>

 

北海道エリア戦、西日本エリア戦の開催スケジュールを追記しました。

 

全日本エンデューロ選手権
4/15 第1戦 R1 広島大会 会場:テージャスランチ(広島県)
5/26-27 第2戦 R2/3 コスモツーデイズエンデューロ 会場:コスモスポーツランド(富山県)
9/15-16 第3戦 R4/5 HIDAKAツーデイズエンデューロ 会場:北海道日高町
11/24-25 第4戦 R6/7 SUGOツーデイズエンデューロ 会場:スポーツランドSUGO(宮城県)

 

2018北海道エンデューロ選手権
6/3 第1戦 ルスツ大会 会場:BIG BEAR
6/24 第2戦 ヒーローレーシング大会 会場:夕張レースイ
7/15 第3戦 ヒーローレーシング大会 会場:BIG BEAR
8/5 第4戦 今金大会 会場:今金町
8/26 第5戦 ヒーローレーシング大会 会場:夕張レースイ
9/15-16 第6戦 日高大会(全日本併催) 会場:日高高原荘
10/7 第7戦 ルスツ大会 会場:BIG BEAR

 

2018東日本エンデューロ選手権シリーズ
4/1  第1戦 R1 会場:日野カントリーオフロードランド(群馬県)
6/16-17 5/12-13(1/15訂正) 第2戦 R2/3 会場:チーズナッツパーク(福島県)
7/8 第3戦 R4 会場:クロスパーク勝沼(山梨県)
8/5 第4戦 R5 会場:日野カントリーオフロードランド(群馬県)
11/24-25 第5戦 R6/7(全日本併催) 会場:スポーツランドSUGO(宮城県)

 

2018中日本エンデューロ選手権シリーズ
4/8 第1戦 R1(主催:TEAM RABBIT) 会場:O LAND PARK SHISHIHARA
4/29 第2戦 R2(主催:MFJ中部ED部会) 会場:いなべモータースポーツランド
5/13 第3戦 R3(主催:TEAM RABBIT) 会場:O LAND PARK SHISHIHARA
5/26-27 第4戦 R4/5(全日本併催) 会場:コスモスポーツランド
7/15 第5戦 R6(主催:TEAM RABBIT) 会場:O LAND PARK SHISHIHARA
10/6-7 第6戦 R7/8(主催:TEAM RABBIT) 会場:O LAND PARK SHISHIHARA

 

2018西日本エンデューロ選手権
4/15 第1戦 (全日本併催) 会場:テージャスランチ(広島県)
7/29 第2戦 ビギナーズエンデューロ 会場:テージャスランチ(広島県)
9/2 第3戦 ビギナーズエンデューロ 会場:スノーリゾート猫山(広島県)
11/4 第4戦 ビギナーズエンデューロ 会場:ホワイトバレー松原(広島県)

 

 

2018九州エンデューロ選手権
6/24 第1戦 会場:恋の浦(福岡県)
7/29 第2戦 会場:恋の浦(福岡県)開催中止
9/23~24 第3戦 ツーデイズ 会場:恋の浦(福岡県)
11/11 第4戦 会場:恋の浦(福岡県)