JAPAN ENDURO CHAMPIONSHIPの情報はこちらから

ISDE始まる!

こんにちは。

ブログ担当のウブカタジャパンです。

いよいよISDE(インターナショナル シックスデイズ エンデューロ)が、

今年はポルトガルを舞台に開催されます。

11月11日~16日までの文字通り6日間のレースですねー。

ご存知の方ばかりかもしれませんが、

レースフォーマットは、JECで行われているオンタイム方式と同じで、

1日に長いルートを走破しつつ、途中にあるテストと呼ばれるタイムアタックを

行い、その合計タイムで競い合うレースです。

さて・・・

シリーズで開催されている世界選手権は、主に個人間のタイトル争いが

メインとなりますが、

ISDEは、個人の成績もありますが、

国別対抗のチーム戦というのが大きな特徴ですね。

それぞれの参加国から4名のライダーが代表選手として参加し、

その内の上位3名の成績の合計で争います。

この代表チームというのが、トロフィーチームなんて呼ばれてますね。

日本の代表となるライダーは、主にJECのトップランカーが代表として

選出されています。

今年の日本代表選手は、

釘村 忠選手(クラス:E2 ホンダ)

渡辺 学選手(クラス:E1 ヤマハ)

馬場 大貴選手(クラス:E1 ヤマハ)

前橋 孝洋選手(クラス:E3 KTM)

の4名のライダーが選ばれて、すでに現地でレースに向け、

最終段階といった所ですね。

普段自分たちが参戦しているJECの延長線上(はるか先だけど・・・)に

あると思うと、レースチェックにも熱が入るというものです。

 

細かい説明は、省くと思いつつも、毎度の事ながら、

説明が長くなりますが、

E1、E2、E3というクラスを全て網羅する事が前提で、

E1(主に4スト250)

E2(主に4スト450)

E3(主に2スト300、4スト450以上)

って、感じですね。

リザルトは、4名の内の上位3名分で算出されるので、

起きては欲しくないけど、だれかリタイヤなどで脱落しても、

リザルトは残るという事ですね。

個人の成績としては、クラス優勝や、オーバーオールで優勝!

なんていうのが名誉となる訳ですが、

トップの合計タイムのプラス110%までだっかな?

例えば、トップの6日間の合計タイムが100分だとしたら、

110分までは、ゴールドメダルなんていう分け方がされます。

そして、次がシルバーメダル。

完走すれば、ブロンズメダル。

そんな感じ。

これまでも日本代表チームが何度か参戦していますが、

このゴールドメダルに届いた日本人選手はまだ一人もいません。

今年は、今までにない強力なメンバーなので、

ぜひ、頑張ってもらいたいですよねー。

が、しかし!

トップの合計タイムの○○%以内という事は、

トップが尋常に速い場合は、相当ハードルが高くなるという事!

今年は、話題に上がっていましたが、

イギリスチームが超超強力メンバーを揃えてきています。

今年の世界選手権でオーバーオールタイトルを獲得した

ブラッド フリーマン選手が参戦していますからね。

今年はタイトルを逃してしまいましたが(クラスチャンピオンだけど)、

絶対王者として君臨していたスティーブ ホルコム選手も参戦予定でしたが、

怪我したのかな?キャンセルになったのが残念ですが、

それでも、超強力な布陣。

もちろん、ヨーロッパやオーストラリア、アメリカなど、

どこの国も速いライダーだらけですが・・・

そんな世界で活躍するライダーが多く参戦する中で戦う

日本チームをみんなで応援しましょう!

 

今はインターネットが普及してますからね。

これまたライブなリザルトや速報がバシバシチェックできる訳です。

そんなサイトをご紹介。

まずは、日本代表チームをフォローするには、

FACE BOOKサイトの日本代表オフィシャルページ(Isde Japan World Trophy Team)

日本代表オフィシャルホームページ(Isde Japan World Trophy Team)

JECプロモーションFacebookページ

いいね!押して、フォローしてくださいね。

 

そして、ISDEの公式サイトは、こちら。

トップメニューのインフォメーションから、

Race Infoを開くと、エントリーリストなんかありますね。

一番気になるリザルトページは、こちら。

DAY1とか、DAY2とかありますね。

1日ごとにリザルトが出ますからね。

きっと、動画なんかもアップされてくるでしょうね。

分からないけど、タブンENDURO21.COMなんかチェックしてると、

色々アップされるかも。

ENDURO21.COMのサイトは、こちら。

ISDEは、5日目まではオンタイム方式のレースが続きますが、

最終日は、ファイナルクロスがあります。

これは、モトクロス形式のヨーイドンのスプリント。

形式上はモトクロスですが、これもタイムアタックなので、

走りきったタイムが、それまでのタイムに加算される訳です。

これなんかも動画上がるんじゃないかな?

日本代表チームも3名は、元モトクロスIAですからね。

楽しみですねー。

 

国別対抗の争いとは、別にISDEは、個人でも参加可能なんですよ。

代表チームが参戦していないとお一人様でもエントリーできるらしいけど、

基本は、3人1チームとなるクラブチームでの参戦がメインですね。

今年も日本からは、2チームかな?がクラブチームとして参戦中。

そちらも、代表チームと合わせてチェックしてみてくださね!

 

さぁー、盛り上がってるのは一部の方かもだけど、

こういう大会があるという事を知ってもらえると嬉しいですね。

いつかは、自分も・・・

なんて思ったり、しなくもない。ちなみに来年はイタリアか・・・

うーん、楽しみですね。

 

ISDEの話題となりましたが、

国内のJECも今月末が最終戦!

初開催の福岡県にある恋の浦が最終戦の舞台。

全日本クラスのエントリーは、すでに締め切りとなりましたね。

当初エントリーが少なくて、あれれ?と思いましたが、

最終的には、

IAクラス 19名

IBクラス 22名

NAクラス 16名

NBクラス 26名

Wクラス  3名

と、他の大会に比べると、寂しい感じですが、

ISDEに行ってるライダーもいますからね。

現在は、承認クラスのエントリー期間となっています。

11月15日(金)がエントリーの締め切りと、

ちょっと期間が短いですから、ご注意くださいね。

 

と、簡単では、ありますがISDEな情報を

ちょこっとご紹介でした。

みんなで、応援しましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください