JAPAN ENDURO CHAMPIONSHIPの情報はこちらから

もうすぐJEC第2戦中日本大会!とか

こんにちは。

ブログ担当のウブカタジャパンです。

ゴールデンウィークも終わりましたが、皆さまいっぱい遊びましたでしょうか?

自分もちょっとだけ遊びに行きましたが、

普段通りにお仕事しておりました。

そんなこんなで、気づけば今週末にはJECの第2戦の中日本大会です。

開催場所は、初開催となる岐阜県にあるアルコピアオフロードランドです。

自分は行った事がない所なので、今から楽しみです!

さて・・・

行った事もないので、何も分からないのですが、

フェイスブックなどでポロポロ写真とか上がってますが、

いまいちピンと来ませんねー。

自分がブログに載せてる写真も同じなんでしょうけど。

しかし、今は便利な世の中ですね。

You Tubeとかでアルコピアで検索すると、色々ありましたね。

そういうの皆さんチェックするんだろうか?

勝手に拝借しちゃいましたが、アルコピアのプロモーション動画のようです。

ドローンで撮影してるので、雰囲気分かりやすいですね。

スキー場!って感じです。そのままだけど。

特に役立つ情報が発信できる訳でもありませんが、

まずは、エントリーリストを眺めてみると・・・

注目では、IAライダーの中に#47馬場 大貴選手の名前が!

以前からJNCCには参戦していたし、

今年はJNCCの開幕戦の阪下では優勝してましたからね。

モトクロスもIAだし、クロスカントリーでも実績を出してるだけに

JECは初参戦だと思うんですが、上位に絡んでくるでしょうから

注目ですね~。

そして、IBの方をチェックしてみると、

これまたMX界からの刺客がっ!

#164河村 広志選手がエントリーしていますね。

現役モトクロスライダーながら、ある意味ではハードエンデューロ界隈でも

有名な方ですね。

JECは純粋にタイムアタックな訳ですから、

上位にグイグイと絡んできそうですね。と、

ハードルを上げておきましょう!

 

今回は、土曜日にウィメンズ、NB、ジュニア、承認クラス。

日曜日にIA、IB、NAクラスが開催と日程が分かれています。

その関係もあってか、前回の広島に比べNBのエントリーが減っていますが、

それでも最多となる38台がエントリー。

半分より上に行けないとポイントが取れないという厳しい戦い。

日程が分かれるといえば、注意したいのが、

大会特別規則にも掲載がありますけど、

土曜日のレース開催中はパドックに車での出入りが出来ませんので

ご注意くださいね。

日曜日参戦のNAクラス以上の参加者向けに

パドックとは別の仮の駐車場は用意があるとの事で、

土曜日の日中に到着した参加者は、そちらをご利用くださいね。

気の速いライダー、もしくはNBクラスのライダーとかと相乗りだったり、

なんていう場合は金曜日からパドックは設営できるみたいなので、ご安心を。

 

先の大会ごとの特別規則書は熟読しておくべきですが、

その他の注意点としては・・・(もっと早く書けよ!という感じですね)

・全クラスリアタイヤはFIM規格のエンデューロタイヤ装着

(リア16インチ以下の場合を除く)

・補給場所での環境保護マットは全クラス義務付け(推奨ではなく!)

 

そんな感じでしょうか。

気をつけましょうね。

そして、大会中に現地で食事が可能みたいです。

確実にゲットしたい方は、5月16日まで予約が可能です。

詳しくは、こちら。

週末、晴れますように・・・

 

アルコピア以外にもJEC絡みのイベントや情報がたくさん出ていますね。

順番がバラバラですが、

まずは、ずいぶんと先の話のような気もしますが、

日高について。

すでに、告知されてましたから、チェック済みの方も多いでしょうけど、

日高高原荘に宿泊予約可能(多い場合は抽選ですけど)な

早期エントリーが始まっています。

というか、早期エントリーの締め切りは本日までです・・・

詳しくは、こちら。

日高で高原荘に宿泊すると快適だし、楽チンですよねー。

 

そして、東日本エリア戦の第3戦とライツのエントリーが

昨日から始まっています。

エントリー期間は、6月6日まで。(定員があるので、早まる場合あり)

開催場所は、長野原町(長野じゃなくて、群馬県です)。

まぁ、軽井沢近辺ですね。

今回は、ご存知の通り、日高同様に公道を使う競技となります。

競技といっても、公道は移動区間となりますから、

交通ルールを守って走るんですよ!

とはいえ、日高と同じパターンとなる訳ですから、

いつかは日高!今年こそ日高!なんて検討されている方には、

持って来いの大会ですね。

当然ながら、公道走行可能な状態にマシンを準備しないといけませんから、

その辺の準備も必要になりますけどね。

詳しくは、こちら。

 

そして、今年もやってくるISDE。

インターナショナルシックスデイズエンデューロですね。

今年の開催場所は、ポルトガル。

代表メンバーは、

前年度チャンピオンの前橋孝洋選手。

2017年度チャンピオンの釘村忠選手。

昨年のSUGOの活躍も記憶に新しい渡辺学選手。

現役MXライダーでありながら、JECでも活躍する横澤拓夢選手。

の計4名のライダーが日本代表として参戦!

その活動を応援すべく、

ENDURO.JとBIGTANK MAGAZINEの共同編集で、

過去のISDEの写真集を販売するとの事。

印刷等にかかる経費を差し引いた売上金が代表チームの

活動に充てられます。

何かしら応援したい!なんて気持ちの方は、

要チェックですよ!

お手元には写真集も来る訳ですから。

詳しくは、こちら。(限定300部みたいです)

 

と、すでに告知済みの内容ばかりでしたが、

簡単にまとめてみました。

 

おしまい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください